版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ちはやぶる・さねかづら 坂田隆(著) - ビレッジプレス
.

ちはやぶる・さねかづら 想起詞で読み解く枕詞

四六判
縦189mm 横129mm 厚さ13mm
重さ 240g
208ページ
価格 1,750円+税
ISBN
978-4-89492-192-4
Cコード
C0081
一般 単行本 日本語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年4月
書店発売日
登録日
2016年8月15日
最終更新日
2016年8月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

“神武天皇がその山の埴土を取り寄ろふ”といえば、日本書紀の伝承を常識とする万葉歌人なら「天香具山」を想起した。「取り寄ろふ」は想起詞である。
従来、万葉集などの枕詞の多くは典拠不明とされていた。本書は、“想起詞の典拠・由来は古事記・日本書紀の伝承や既存歌にある”と提起する。

聖徳太子の歌に「さす竹ノ君」という詞がある。
「さす」には「池ノ堤に さす柳」のように、“樹木が生え育つ”という意味がある。
竹は一本だけで生育することはなく、群生して竹林になる。「さす竹」の実景は“竹林”である。
聖徳太子が尊敬を込めて“竹林の君”と呼ぶのは誰のことか。

目次

<目次>
序章 想起詞・応想詞
 §1 吾が心清・吾が心明かし
 §2 想起詞・応想詞
 §3 上代特殊仮名の表記について
第1章 取り寄ロふ天香具山・なま詠みノ甲斐ノ国 ─伝承系
 §1 吾が心→清・吾が心→明かし
 §2 吾が心→つくし
 §3 取り寄ロふ→天香具山
 §4 なま詠みノ→甲斐ノ国
 §5 撃ち寄する→駿河ノ国
 §6 指進みノ→栗栖
第2章 わたつみノ豊・はしたてノ熊 ─人名系
 §1 わたつみノ→豊
 §2 いさな取り→海
 §3 撃ち上る→さほ
 §4 妻隠る→小さほ
 §5 はしたてノ→熊
第3章 錦紐解きさケて・梓弓音 ─既存歌系
 §1 錦→紐解きさケて
 §2 錦→紐 ノ結びモ 解きさケ
 §3 紐解きさケて→千
 §4 錦紐解きあケて→夕戸知らず
 §5 吾が思ふ→みこ
 §6 梓弓→音
 §7 梓弓→夜ら
 §8 朝狩りノ→君
第4章 吾が夫子が来べき宵なり笹が根ノ蜘蛛
第5章 山たづノ迎へ・さゝがにのくも ─一音改変系
 §1 君が行き日長くなりぬ山たづノ→迎へ
 §2 わがせこがくべきよひ也さゝがにの→くも(古今和歌集)
 §3 「ささがに」が「蜘蛛」の意味に転じる ─応想転化系
 §4 さゝがにのふるまひしるき→夕暮(源氏物語)
第6章 いははしる神なビ ─末尾無用系
 §1 神なビノ→ 打廻ノ崎ノ いはふ ─遠呼系
 §2 いはばしる→淡海・間近き)・遠き
 §3 いはは しる →神なビ
第7章 宮人響む里人モゆメ
第8章 さなかづら・さねかづら ─暗示系
 §1 たつた山→(立つ)
 §2 さなかづら→さ寝ず
 §3 さなかづら→ 絶ヱむト妹を吾が (さね)思はなくに
 §4 さねかづら→(さね)人に知られで来るよしもがな(後撰和歌集)
 §5 さねかづら→(さね)後モ逢はむ
 §6 さなかづらありさりてしモ今ならずトモ→(さね後モ逢はむ)
第9章 さねさし相武
第10章 ちはや人宇治ノ渡りに
 §1 大山守皇子の「ちはや人宇治ノ渡りに」歌
 §2 宇遅能和紀郎子の梓弓檀歌
第11章 ちはやぶる神
 §1 道速ぶる神・ちはやぶる→神
 §2 道速ぶる宇治ノ渡り・ちはやぶる→宇治ノ渡り
 §3 ちはや ぶる→人
 §4 道速ぶる鐘ノ岬
 §5 道速ぶる神ソ憑く
第12章 さす竹ノ君 ─聖徳太子のいう「君」とは誰か
第13章 妹らがり今木ノ嶺 ─助動詞「む」の脱落
第14章 足引キノ山田・百敷キノ大宮人 ─上代特殊仮名に関わる想起詞
 §1 大津皇子の想起詞「あしひキノ山」
 §2 木梨軽太子の想起詞「山田を作り山高み下樋を走せ」
 §3 「足引キノ山田」とは誰のことか
 §4 「足引キ」の「引キ」・「百敷キ」の「敷キ」は四活動詞の貴人動作形
 §5 木梨軽太子歌の「足引キ」は二重系の想起詞
 §6 大津皇子の「足引キ」は三重系の想起詞
 §7 山鳥ノ尾ノ下垂り尾ノ長→(ゆメゆメ)

著者プロフィール

坂田隆  (サカタタカシ)  (

1948年、京都府生まれ。
1973年、京都大学大学院工学研究科修了。工学修士。
1980年、佛教大学文学部史学科卒業。文学士。
現在、大阪府立高等学校教諭を退職後、上代文学想起詞論・日本語学音素論の研究に専念。

上記内容は本書刊行時のものです。