版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アウシュヴィッツの画家の部屋 大内田わこ(著/文) - 東銀座出版社
..
詳細画像 0 詳細画像 1

アウシュヴィッツの画家の部屋

社会一般
このエントリーをはてなブックマークに追加
A5変型判
縦185mm 横148mm 厚さ10mm
124ページ
定価 1,364円+税
ISBN
978-4-89469-217-6   COPY
ISBN 13
9784894692176   COPY
ISBN 10h
4-89469-217-1   COPY
ISBN 10
4894692171   COPY
出版者記号
89469   COPY
 
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年5月1日
最終更新日
2021年5月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第2次世界大戦中、ナチス・ドイツ最大の殺人工場として知られるアウシュヴィッツ強制収容所。
そこに、収容されていたポーランド人画家たちが絵を描いていた事実があったと言ったら、信じるだろうか。
本書はアウシュヴィッツ強制収容所で命と引き換えに、絵を描いてきたポーランド人画家たちの運命を伝えるとともに、ナチスや戦争の真実に迫る1冊。
ジャーナリスト・大内田わこが現地を取材し、戦争を知らない世代へ送る渾身のルポルタージュ。
日本人が知らないアウシュヴィッツの現実、あまりにも過酷な真実を知らなくてはならない。

目次

序にかえて
今日を生きるために
彼らは怯まなかった

1章 収容所美術館の誕生
ヘスと馬の絵
ナチスはプロパガンダのために

2章 動き出したアウシュヴィッツ強制収容所
ポーランド人は「下等人間」と
タデウシ・シマンスキの証言
地下組織「5」

3章 狂気の海の中で
過酷な労働の後に
「それなら俺を描いてみろ」
誰のために描く
メンゲレのもとで
SSの委託は命令!

4章 収容所の画家たち
二重自画像 ペーター・エデル
彼はスキーチャンピオンだった ブロニスラウ・チェヒ
ドラマを生んだ肖像画 ジャック・マルキェル
コルベ神父との誓い ミェチスラフ・コシチェルニアク
2つの収容者番号を持つ男 ヤン・コムスキ
子どもたちのために描いた画家たち

5章 MMのスケッチブック
ショアーを証言
ビルケナウの土の中から
ふた括りのスケッチ
なんとしても描かなければ

6章 手をさし伸べた人々
描かれた絵は、どのように持ち出されたか?
ヘレナのレリーフ

著者プロフィール

大内田わこ  (オオウチダワコ)  (著/文

ジャーナリスト
著書に『ガス室に消えた画家―ヌスバウムへの旅』(草の根出版会)、『ダビデの星を拒んだ画家 フェリックス・ヌスバウム』(光陽出版社)、『ホロコースト 女性6人の語り部』『ホロコーストの現場を行く ベウジェツ・ヘウムノ』(東銀座出版社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。