版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
東の風が吹くとき 原発事故三部作 高木 達(著/文) - 晩成書房
..

東の風が吹くとき 原発事故三部作 高木 達 戯曲集

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晩成書房
B5判
216ページ
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-89380-500-3   COPY
ISBN 13
9784893805003   COPY
ISBN 10h
4-89380-500-2   COPY
ISBN 10
4893805002   COPY
出版者記号
89380   COPY
 
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月20日
書店発売日
登録日
2021年2月22日
最終更新日
2021年2月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2021-04-03 毎日新聞  朝刊

紹介

地元・福島の実感に根ざしたドキュメント・ドラマ。
福島・いわき市在住の作者が10年の歳月をかけて書き上げた、地元の言葉と生活実感に根ざした劇でつづる福島と原発の年代記。
いわき公演・東京公演で注目を集めた2作と、コロナ禍で未上演の新作を収載。

東の風が吹くとき
原発事故直後、福島第一原発から
45km北西の農村で──
上演●いわき演劇の会+いわきアリオス共同企画
▼いわき公演──2013年8月/いわき芸術文化交流館アリオス
▼東京公演──2013年9月/東京芸術劇場

愛と死を抱きしめて
避難指示解除準備区域の農家で──
1960年代後半のできごとと現在。
上演●いわき演劇プロジェクト主催/チームスマイル・いわきPIT共催
▼いわき公演──2015年 月/2017年8月再演/チームスマイル・いわきPIT
▼東京公演──2017年9月/全労済ホール/スペース・ゼロ

でんでら野仮設診療所日記
事故6年後。帰還指示区域解除による住民の帰還で
閉鎖が決まった仮設住宅の診療所で──
▼2020年
コロナ禍により未上演──

目次

東の風が吹くとき

愛と死を抱きしめて

でんでら野仮設診療所日記

解説 劇でつづる福島の年代記=内田洋一
あとがき
上演記録

著者プロフィール

高木 達  (タカギ トオル)  (著/文

1950年福島県いわき市生。
磐城高校、明治大学卒。
劇団青年座文芸部入団。演出家、放送作家を経て現在に至る。
原発事故後、故郷の久之浜町に転居。原発事故三部作、創作現代オペラ三部作を執筆。日本演劇協会会員。チームスマイルいわきPIT劇場監督。

上記内容は本書刊行時のものです。