版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
朗読:声を奏でる さきえつや(著/文) - 晩成書房
..

朗読:声を奏でる こえことばの表現技法

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:晩成書房
B5判
148ページ
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-89380-470-9   COPY
ISBN 13
9784893804709   COPY
ISBN 10h
4-89380-470-7   COPY
ISBN 10
4893804707   COPY
出版者記号
89380   COPY
 
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年11月15日
最終更新日
2017年11月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

あなたの人生経験が語る世界を豊かにする──自己表現としての〈あなたにしかできない朗読〉へのアプローチ。声の出し方、表現の深め方、発表に向けてのこころえまで。実践的なレッスン集。

目次

目次より

まえがきに

A 息から声、声から発音(おと)まで
I 息から声へ──毎回やりたいウォーミングアップ
(1)まずは身体をあたためて
(2)息の出し入れ気にしてみましょう
(3)こえだしはハミングから
(4)こえおとを拡げる
(5)発音ブラッシュアップ
II 遊びの感覚で
(1)初めは遊びでチヨコレイト
(2)息一杯にこえを出す
(3)こえおと遊び
III わたしの日本語音づくり
(1)ウ・イの特訓早いうち
(2)はなのくも
(3)あいうえおうた
(4)ういろううりの口上
(5)一つ童謡をうたってみる
IV 相手がいるのを忘れちゃならない──はなしかけ
(1)あなたの声はどこへ行った?
(2)相手にきちんと声をかける
(3)みんなに声がとどく

B ことばときもち
I 気持ちの集中──5つのエリア
(1)5つのエリアとは?
(2)5つのエリア 読むとき役立てて
1事実 2生理感覚 3イメージ 4感情 5行動(アクション)
II はじめのはじめ──思い切って大胆に
(0)「イメージは外に作る」を基本に
(1) 一気に読んでみる
(2) 気持ちの変わり目、場面は移る

C 物語を読む 話し手(語る人)になってみてわかること
I 一つの作品と取り組む
(0)一作品に取り組む
【朗読レッスン】芥川龍之介「蜘蛛の糸」
II 場面の細かい取り組み
(1) もの語り
(2) 出だし
【朗読レッスン】モンゴル民話「スーホの白い馬」
(3) 一人の視点を追っていく
A 人物の気持ちを追う
【朗読レッスン】志賀直哉「菜の花と小娘」
【チャレンジ】藤沢周平「寒いあかり」
B 人物のアクションを追う
【朗読レッスン】幸田文「なた」
【チャレンジ】宮部みゆき「紙吹雪」
(4)別な人物が現れる
【チャレンジ】宮本研「花いちもんめ」
(5)ことが起きる(事件・出来事)
【朗読レッスン】三浦哲郎「ふなうた」
(6)関係は?
【朗読レッスン】江國香織「冬の日、防衛庁にて」
(7)しめ 結末
【チャレンジ】「蜘蛛の糸」「菜の花と小娘」「冬の日・防衛庁にて」最後の部分を読む

D 話す人∽話すもの(作品)∽聞く人
I 聞き手がいるから
(1)一人一人に聞いてもらう
(2)みんなに聞いてもらう
(3)エネルギーが要ります
II 話し手のほうで
(1)はなし出し
(2)はなし出す時自分の気持ちを高めておいて
(3)おはなしの山がいるの?
(4)はなしのお終い
III 語り手の息と文の息
(1)話す人のイメージが止まっていまっていませんか?
(2)話す人の気持ちは動いていますか?

E 突然ですが声にトラブル それでもやりたい
I 声つくり たっぷり声が出せるまで
(1)声が、か細くしか出ない
(2)尻切れではどうも
(3)息ばかりでも
(4)甲高い声はいただけない
(5)作り声とは思ってなくても
II どこで止めていいかわからない(ブレーキ利かず)
(1)息一杯に続けられてはたまらない
(2)どこで区切る
(3)句・文節を意識して
(4)イメージ一応作っているけれど
(5)時間列を空間構成にすることも
III うたうという現象 聞き苦しい? 本人はきもちいい?
IV この一音が苦手
(1)苦手な一音
【朗読レッスン】有島武郎「一房の葡萄」
V 方言・訛りを直したい

F もっと的確に、生き生きと
I こんなことも気に留めておいて
(1)一音一拍、過去のもの?
(2)日本語はお終いが大事
(3)文体(文章のクセ・特徴)どこまで生かせる?
(4)文章の新しい表現に語り手が初めて出会った時、どうしよう?
(5)付けたりと思う最後の部分を取り込む(ムダはない)
(6)話す台本を作る
(7)文章(作品・話し)を借りて自分を表現する
(8)なげき節はいただけない
II 詩を読む─解釈通りじゃつまらない
【練習1】北原白秋「落葉松」
【練習2】宮沢賢治「春と修羅」

G 練習と発表
I 練習のすすめ方
(1)一遍にはできない 少しずつ育てる、それが練習?
(2)おおまかに・こまかに、組み合わせて
(3)どこまでやったらいいの?
II 発表のとき
(1)発表するとき
(2)よいグループ作り
(3)作品選びはけっこう大変
(4)ひとり立ち

H 朗読─言葉の整理
I 定まっていない言葉
II 「朗読」という言葉から
III 朗読にまつわるコトバ

あとがき

参考文献
著者紹介

著者プロフィール

さきえつや  (サキエツヤ)  (著/文

1933年東京に生まれる。
舞台芸術学院、東京都立大学修士課程(仏文学専攻)修了。
ぶどうの会養成所、変身を経て、竹内演劇研究所等で、
舞台演出、俳優教育に携わる。
現在、こえことばの会主宰。
劇作 ミュージカル「長崎感傷散歩」「希臘昔日女権魁」
著作 『こえことばのレッスン』シリーズ全3巻・別巻(晩成書房)、
『からだのドラマレッスン』0・1(晩成書房)

上記内容は本書刊行時のものです。