版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
フランシス・ハール回想録 人生は映像とともに   (著/文) - 便利堂
..

書店員向け情報

書店注文情報

9784892731136

フランシス・ハール回想録 人生は映像とともに

芸術
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:便利堂
A5判
74ページ
定価 1,364円+税
ISBN
978-4-89273-113-6   COPY
ISBN 13
9784892731136   COPY
ISBN 10h
4-89273-113-7   COPY
ISBN 10
4892731137   COPY
出版者記号
89273   COPY
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2021年9月16日
最終更新日
2021年10月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

便利堂コロタイプギャラリー「佐藤浜次郎 ハール・フェレンツ 二人展」を記念し、フランシス・ハール『人生は映像とともに』(監修:トム・ハール)を出版いたします。本書はハールの集大成となる写真集『A Lifetime of Images』に収録された回想録を訳出したものです。
旧ハンガリー南東部の小さな町で生まれ、その後パリに移り、第二次大戦の戦禍に追われ日本に来たハールは、苦難の戦中を乗り越えて、戦後アメリカ・シカゴに一時滞在したのち、1960年まで日本で写真家、映画監督して活躍します。晩年はホノルルに移るものの、その類いまれな豊かな才能と、宿命ともいえる運命に導かれたハールは、これまで映像によって日本文化を世界に広く紹介してきました。
ハール自身の言葉で綴られた本書を通じて、まさに数奇といえる彼の人生と、日本を「記録」していったその想いを、お楽しみください。

目次

○目次
・はじめに
・ハンガリー, 1908-1937
・パリ, 1937-1939
・日本, 1940-1960
・シカゴ, 1956-1959
・ハワイ, 1960-1997
・付録
・あとがき:ハール来日の背景について( 1. “地球人” 川添浩史、2. 1930年代,パリの日本人たち、3. 「日本映画祭」の開催とフィルム・エリオス社の設立,そして帰国、4.仲小路彰と小島威彦,世界創造社とスメラ学塾、 5. 1930年代の国際文化交流:国際文化振興会と三井高陽の日洪文化協会、6. 1940年のスメルクラブの誕生とスメル写真研究所、7. ハールの活動の拠点,審光写場の開設、8. おわりに:その後の川添の文化交流活動)

上記内容は本書刊行時のものです。