版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
スルタンの象と少女 ジャン-リュック・クールクー(作) - 文遊社
.

スルタンの象と少女
原書: LA VISITE DU SULTAN DES INDES

発行:文遊社
菊判
上製
定価 2,500円+税
ISBN
978-4-89257-059-9
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2010年4月
書店発売日
登録日
2010年4月26日
最終更新日
2010年4月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2011-03-06 毎日新聞
2010-06-27 産經新聞

紹介

スルタンは、象のタイムマシンに乗って巨人の女の子を探す旅に出ました…… 。フランスの世界的な野外パフォーマンス集団、ロワイヤル・ド・リュクスの『スルタンの象と少女』が街にやってくるまでの奇想天外な大冒険が物語に。作者のジャン=リュック・クールクーはロワイヤル・ド・リュクスの主宰者。

著者プロフィール

ジャン-リュック・クールクー  (クールクー,J.L.)  (

ジャン=リュック・クールクーは、幼いころから、 ジュール・ヴェルヌの空想科学小説やジョナサン・スウィフトの『ガリバー旅行記』を耽読していました。1979年より、ロワイヤル・ド・リュクスを主宰し、さまざまなインスタレーションやスペクタクルを企画・制作。フランスをはじめヨーロッパ各地、南米、中国、オセアニア、アジア諸国など、30年間で50カ国以上で公演してきました。無料公開を信条とするロワイヤル・ド・リュクスの公演 を実現するために、市町村などの自治体や国が協力しています。町の人々や風景 までも、そのままパフォーマンスの一部に見立ててしまうようなロワイヤル・ ド・リュクスの壮大な世界観は、クールクーの描き出す魅惑的な物語とともに、 大人や子どもを問わず、多くの人々を魅了し、夢中にさせ、虜にしています。

クールクーは、「確かに僕は『68年の子供』だけれども─でも、68年5月のとき、僕はたったの12歳だった」と、フランス5月革命との微妙な距離感に言及しています。また、野外での無料公開については、「野外には詩的な偶然があります」、「お金のないリオの少年がショーを見て笑ってる、それを見ると僕は幸福なんです」と答えています。

カンタン・フォコンプレ  (フォコンプレ,Q.)  (

1979年生まれ。ナント在住。2002年にナント市美術大学でDNSEP(修士号に相当)を取得。2003年から、ロサンジェルス、アムステルダム、パリ、レンヌな ど、フランスだけでなく、海外で様々な展覧会に参加。また、『狩り、釣り、自然と伝統』などの単行本も出版。芸術誌をはじめ多くの雑誌にも作品を掲載しています。第六回(2007年度)ナント市造形芸術賞受賞。

カンタン・フォコンプレは、ジュール・ヴェルヌの小説 とサイエンス・フィクションのあいだで、夢のような景色とキャラクターを、すこし風変わりでリアルな想像をしながら、このお話に絵をつけました。まるで、 遠くまで見ることができる巨人の少女の目を通して、すべてを見たかのようです。すべてがふさわしい場所におさまっているのに、まるでちがっています!  この本の絵を描くにあたって、カンタンは『プチ・ジュルナル』紙のおおげさなリトグラフと、少年のころ、とても影響を受けたロワイヤル・ド・リュクスの世界からインスピレーションを得ました。そのころからロワイヤル・ド・リュクス のパフォーマンスは、何度見ても飽きることのない、想像力豊かな世界でした。 そういうわけで『スルタンの象と少女』は、カンタンにとってロワイヤル・ド・ リュクスの世界に敬意をあらわし、絵によってパフォーマンスの新しい味わい方を提案するよい機会となりました。

上記内容は本書刊行時のものです。