版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヴァイマール共和国史 : 民主主義の崩壊とナチスの台頭 Mommsen, Hans(著) - 水声社
...

ヴァイマール共和国史 : 民主主義の崩壊とナチスの台頭

発行:水声社
縦22mm
500ページ
価格情報なし
ISBN
9784891764494
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2001年9月
登録日
2015年8月20日
最終更新日
2015年8月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2013-08-18 朝日新聞
評者: 三島 憲一(大阪大名誉教授)

紹介

第一次世界大戦終戦から第二次世界大戦開戦前まで、ドイツ・ワイマール共和国における政治的変遷を、社会情勢、経済状況、外交関係、政治的力関係などの多方面の事実をもとに克明に分析する。ドイツ正統派歴史学の重鎮による、ワイマール研究の最先端にして基礎ともいうべき,圧倒的大著。

目次

ドイツ帝国の崩壊
ドイツ革命
民主主義の確立
国内の講和拒否
議会主義体制の存続をめぐって
外交と内政における再建
議会外勢力の攻勢
議会主義体制の崩壊
ナチ党の突破
危機のなかの政府大統領独裁への道
クーデタをちらつかせる政府
権威主義的独裁からファシスト的独裁へ

上記内容は本書刊行時のものです。