版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
『播磨国風土記』の史的研究 荊木 美行(著) - 燃焼社
.

『播磨国風土記』の史的研究

発行:燃焼社
A5判
縦210mm 横150mm 厚さ30mm
重さ 500g
320ページ
並製
価格 4,500円+税
ISBN
978-4-88978-146-5
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年9月10日
書店発売日
登録日
2020年7月22日
最終更新日
2020年8月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『播磨国風土記』は、和銅六年(七一三)の官命を受けて編纂された、全一巻の地誌である。編纂にかかわった人物としては、同五年(七一二)七月時点で播磨国大目であった楽浪(高丘)河内などが候補にあげられるが、詳細は不明である。『常陸国風土記』と同様、霊亀元(七一五)年ごろまで続いた郡里制による地名表記を採用しているので、官命が出てからほどなくしてまとめられたものであることが知られる。
この風土記は、現存する五風土記のなかではもっとも遅れて世に出たもので、寛政八年(一七九六)に柳原紀光が、嘉永五年(一八五二)に谷森善臣が、それぞれ三條西家所蔵の秘本(現天理大学附属天理図書館蔵、国宝)の書写を許可され、世に知られるようになった。
三條西家本は、現存するすべての伝本の祖本として貴重であるが、惜しむらくは、巻首の部分(総記と明石郡と賀古郡の冒頭)を缺いており、残る賀古(冒頭一部缺)・餝磨・揖保・讃容・宍禾・神前・託賀・賀毛・美嚢九郡の記事が、この順で記されている。『釈日本紀』巻八の引く逸文から、冒頭の缺損部分に明石郡の記載が存在したことはわかるが、赤穂郡の記事の存否については不明である。土地の肥沃の度合いや地名の由来を詳しく書くのがこの風土記の特色で、官命で要求された項目を比較的忠実に記載しているが、一部に未定稿のような記述があり、はたして現存本が政府に提出されたものかどうか疑わしい点もある。
 本書は、こうした『播磨国風土記』を題材に、筆者が折にふれた執筆した論文十一篇を収録したものである。歴史的な事象を取り上げた研究が大半を占めるので、「史的研究」という書名を択んだ次第である。

目次

第一章 『播磨国風土記』「意比川」考
―校訂における「意改」をめぐって―
第二章 播磨と出雲
―『播磨国風土記』にみえる出雲国人の往来―
第三章 播磨と讃岐
―『播磨国風土記』からみた両国の交流―
第四章 『播磨国風土記』雑考
―「入印南浪郡」「聖徳王御世」「事与上解同」を論じて、
中村啓信監修・訳注『風土記』上「播磨国風土記地図」に及ぶ―
第五章 風土記の注釈について
―中村啓信監修・訳注『風土記』上下の刊行によせて―
第六章 風土記地図覚書
―中村啓信監修・訳注『風土記』の附図に思う―
第七章 「四道将軍伝承」再論
―王族将軍派遣の虚と実―
第八章 『播磨国風土記』と品太天皇
―巡行伝承の史実性―
   第九章 『播磨国風土記』の「神酒村」
―標目地名と本名の関係―
第十章 『播磨国風土記』の「御食」をめぐって
附論  植垣節也先生と風土記
自跋
『播磨国風土記』地名一覧並びに索引

前書きなど

『播磨国風土記』は、和銅六年(七一三)の官命を受けて編纂された、全一巻の地誌である。編纂にかかわった人物としては、同五年(七一二)七月時点で播磨国大目であった楽浪(高丘)河内などが候補にあげられるが、詳細は不明である。『常陸国風土記』と同様、霊亀元(七一五)年ごろまで続いた郡里制による地名表記を採用しているので、官命が出てからほどなくしてまとめられたものであることが知られる。
この風土記は、現存する五風土記のなかではもっとも遅れて世に出たもので、寛政八年(一七九六)に柳原紀光が、嘉永五年(一八五二)に谷森善臣が、それぞれ三條西家所蔵の秘本(現天理大学附属天理図書館蔵、国宝)の書写を許可され、世に知られるようになった。
三條西家本は、現存するすべての伝本の祖本として貴重であるが、惜しむらくは、巻首の部分(総記と明石郡と賀古郡の冒頭)を缺いており、残る賀古(冒頭一部缺)・餝磨・揖保・讃容・宍禾・神前・託賀・賀毛・美嚢九郡の記事が、この順で記されている。『釈日本紀』巻八の引く逸文から、冒頭の缺損部分に明石郡の記載が存在したことはわかるが、赤穂郡の記事の存否については不明である。土地の肥沃の度合いや地名の由来を詳しく書くのがこの風土記の特色で、官命で要求された項目を比較的忠実に記載しているが、一部に未定稿のような記述があり、はたして現存本が政府に提出されたものかどうか疑わしい点もある。
 本書は、こうした『播磨国風土記』を題材に、筆者が折にふれた執筆した論文十一篇を収録したものである。歴史的な事象を取り上げた研究が大半を占めるので、「史的研究」という書名を択んだ次第である。

著者プロフィール

荊木 美行  (イバラキ ヨシユキ)  (

昭和34年和歌山市生まれ。昭和57年3月高知大学人文学部卒業、同59年3月、筑波大学大学院地域研究研究科修了。平成元年4月から四條畷学園女子短期大学専任講師、その後同4年4月から皇學館大学に転任、同大学講師・助教授を経て平成15年から教授。現在、皇學館大学研究開発推進センター教授・副センター長。博士(文学)。著書は、『風土記逸文の文献学的研究』(学校法人皇學館出版部,平成14年)・『記紀と古代史料の研究』(国書刊行会,平成20年)・『風土記研究の諸問題』(国書刊行会,平成21年)・『記紀皇統譜の基礎的研究』(汲古書院,平成23年)など多数ある。

上記内容は本書刊行時のものです。