版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
古典と歴史7 古典と歴史の会編(編) - 燃焼社
.

古典と歴史7

発行:燃焼社
A5判
縦210mm 横150mm 厚さ3mm
重さ 100g
70ページ
並製
価格 800円+税
ISBN
978-4-88978-139-7
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年1月6日
書店発売日
登録日
2019年12月18日
最終更新日
2020年1月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

『古典と歴史』7号には、渡邉剛「黒板勝美における印章廃止論と国号論―同時代認識とのかかわりを中心に―」・荊木 美行「律令制と神祇祭祀」・木本好信「直木孝次郎先生の思い出」の3篇を収録。渡邉論文は、個々の歴史家を検討の軸に据え、その諸業績を編年的に整理しつつ、その研究過程や思想の展開を検討する手法が、史学史研究において依然として意義をもつとの信念から、黒板勝美博士が明治末期に公表を開始した印章廃止論と国号論を取り上げ、黒板の同時代認識や両論との関係を考察したもの。荊木論文は、大宝・養老令のなかで神祇令という篇目のもつ意味について考える。最後の木本論文は、長年本人の指導を受けてきた著者の目からみた古代史家直木孝次郎博士を鮮やかに回想する。今号は、学史上貴重な渡邉・木本両氏の論文を一挙に掲げた待望の最新号である。

目次

渡邉 剛「黒板勝美における印章廃止論と国号論―同時代認識とのかかわりを中心に―」
荊木美行「律令制と神祇祭祀」
木本好信「直木孝次郎先生の思い出」

上記内容は本書刊行時のものです。