版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
笑福亭松朝の上方演芸百年噺 四代目桂文我(著) - 燃焼社
.

笑福亭松朝の上方演芸百年噺

発行:燃焼社
四六判
縦188mm 横130mm 厚さ11mm
重さ 220g
160ページ
並製
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-88978-135-9
Cコード
C0076
一般 単行本 諸芸・娯楽
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月10日
書店発売日
登録日
2018年12月14日
最終更新日
2019年3月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 戦前、四代目桂米團治に落語を教わり、戦中は従軍、戦地で落語を演じ、九死に一生を得て、帰国。戦後、五代目笑福亭松鶴に弟子入りし、六代目笑福亭松鶴・三代目桂米朝・五代目桂文枝とも親交が深かった。この苦難の人生が、百歳を前に最後のご恩返しと、上方演芸の歴史を語りつくす。
また、落語界ナンバーワンの演芸コレクターでもある桂文我が集めた貴重な資料を同時に公開。当時の様子が鮮やかに甦る。

目次

はじめに
笑福亭松朝
阪本氏、噺家を諦める
戦地の思い出
噺家との付き合い
阪本氏、浪曲を唸る
戦前の演芸見聞録 1
戦前の演芸見聞録 2
作家・永瀧五郎
浪曲と夏場の寄席
古本と写真
再び、戦地の話
復員後
キタとミナミの花月の思い出
吉本の雑誌『笑売往来』
お茶屋の思い出
上方はなし 上
上方はなし 下

前書きなど

 平成三十年三月末頃、私の携帯電話の留守電に、「最近、大病を患いました。今後のこ
とや、聞いといてもらいたい話もあるよって、一遍、ウチへ来てもらえませんか」という阪本俊夫氏の声が入っていた。
 桂米朝師から「阪本さんは印刷の仕事をしてはるけど、戦前、ウチの師匠(※四代目桂米團治)に稽古を付けてもろて、戦後、五代目(※五代目笑福亭松鶴)の師匠の所へ弟子入りして、笑福亭松朝という名前をもろてた」と聞いており、我々の落語会にも顔を出して下さったり、サンケイホールの米朝独演会の打ち上げなどで、昔の思い出話を伺うこともあったので、「一体、何事?」と思ったのが、正直な所である。
 「百歳近い方だけに、自分の寿命を考えて、心細いことを仰っておられるのでは?」とも思い、何はともあれ、四月十七日、住之江のご自宅を訪れたところ、病気だけに身体は弱っておられ、声も小さかったが、いろんな話をする内、顔に精気が漲り、生き生きとしてこられたのを目の当たりにして、正直、驚いた。
 「とても、今年の夏は越せませんわ。良かったら、何遍も話をしに来とおくなはれ」と弱音を吐かれてはいたが、次々と繰り出される思い出話から、戦前・戦中・戦後の上方演芸界の様子が鮮やかに蘇り、一連の見事な上方演芸史になっていった。
 興味津々で、回を重ねて訪れている内に、夏が過ぎ、秋になり……。
 四代目桂米團治に習った落語を演じ、浪曲を唸り、軍隊の話、友人の思い出を語る阪本氏に、百歳近い老人の姿を見ることは無かった。
 戦前の上方演芸界を語る時、何度も「あんたも見てなはるやろけど、面白かったな」と仰ったが、昭和三十五年生まれの私が実際に見ている方は少なく、本・録音・映像でしか知らないだけに、相槌を打てないことも多かったが、阪本氏の物真似から推し量り、リアルタイムで接しているような錯覚を覚えたのも、不思議な体験だったと言えよう。
 当時の思い出を語る阪本氏の脳裏には、当時の上方演芸界の逸材の姿が躍動していたことだろうし、それを思う時、私は本当に羨ましかった。
 阪本氏へのインタビューは、四月十七日から始まり、五月十六日、六月十三日、六月二十七日、七月九日、七月二十七日、八月八日、八月二十一日、九月十一日、十月三日、十月二十八日、十一月十六日、十二月三日と、亡くなる間際まで十三回に及び、、当時の上方演芸界の思い出と、兵隊時代の苦心談を中心に、一冊の本に纏まることを、阪本氏本人も待ち望んでおられたのである。
 思い間違いや、多少のズレはあるかも知れないが、百歳近い阪本氏が人生を吐き出すように語ったことは、後年の者が述べる理屈より、余程、値打ちがあると思う。
 湧き出るように、そして、慈しむように来し方を語る阪本氏が、唯一、戦争によって、噺家の道を断たれたことを語る時、本当に無念の表情だったことは忘れられない。
 阪本氏の語りの中から、その無念さ、噺家の世界への思慕を感じ取っていただければ、幸いである。
 残念ながら、本書の刊行を待たずして、十二月九日早朝、阪本氏は極楽浄土に行かれた。
 十二月七日、長女・富司子さんから「父が危なそうなので、来ていただけませんか」との連絡をいただき、翌日、阪本氏が入居しておられた住吉区の南海ライフリレーションに行くと、ベッドに寝たままで、しゃべりにくそうではあったが、私の言うことは理解されているようで、僅かな言葉も返して下さり、「まだ、大丈夫」と思ったが、翌朝、「今、亡くなりました」との連絡をいただいた次第である。
 ご遺族の希望で、通夜は桂米朝師の『菊江仏壇』が、葬儀は六代目笑福亭松鶴師の『天王寺詣り』が流れる中で執り行われたが、葬儀場の方の気配りで、笑福亭松朝のメクリが用意されたことを、阪本氏が見ておられたら、どのような感想を述べられるであろうか。
 本書に於いて、私が実際に会った師匠連だけ「誰々師匠」と表記したことや、阪本氏が戦後の短期間、戎橋松竹や地域寄席へ、笑福亭松朝の芸名で出演していたことは事実だけに、阪本俊夫ではなく、笑福亭松朝が述べているとして纏めたことを、ご理解いただければ、幸いである。
 そして、私の質問に対して、阪本氏が「知らん」と仰ったことは、そのまま掲載した。
 知ったかぶりで答えず、知らないことを「知らん」と仰るのは、知っていることは、余程、自信を持って述べておられると考えた結果なのだ。
 また、私とは長い付き合いではあるが、この書の刊行を勧め、今回も難儀な添削に何度も付き合って下さった燃焼社・藤波優社長に、心から御礼を申し述べたい。
 嘘でも、お世辞でも無く、気骨があり、粋な出版社が大阪にあることを、誇りに思う。
 そして、何より、本書を手に取り、目を通していただく方に、厚く御礼申し上げる次第
である。

版元から一言

今ではほとんど忘れられている上方演芸の歴史が、その生き証人でもある笑福亭松朝の、百歳とは思えないその驚異的な記憶をたどることによって、ここに甦ってきました。後世に残していくべき貴重なものと確信します。また、落語界ナンバーワンの演芸コレクターでもある桂文我師が、当時の貴重な資料を同時に公開しています。当時の様子が鮮やかに甦ってきます!

上記内容は本書刊行時のものです。