版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
「林政ニュース」第709号 「林政ニュース」編集部(編集) - 日本林業調査会
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|協和|日教販
直接取引:あり(その他)

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

「林政ニュース」第709号 (リンセイニュースダイナナヒャクキュウゴウ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
B5横変形判
縦180mm 横260mm 厚さ3mm
重さ 50g
24ページ
並製
価格 800円+税
ISBN
978-4-88965-709-8   COPY
ISBN 13
9784889657098   COPY
ISBN 10h
4-88965-709-6   COPY
ISBN 10
4889657096   COPY
出版者記号
88965   COPY
Cコード
C0061  
0:一般 0:単行本 61:農林業
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年9月20日
書店発売日
登録日
2023年9月15日
最終更新日
2023年10月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

第709号は、国有林の「基本計画」改定へ、債務返済計画の見直しも/「森ハブ・プラットフォーム」を新設/エネルギー向け木材チップ量が8年連続増加/山の働き手を支え続けて約半世紀・岩手県森林整備協組/鹿島市と太良町の共同事業体がSDGs事業/大東建託が「ゼロカーボンハウス青梅」建設/全苗連生産者の集いを和歌山県で初開催――などを掲載しています。

目次

【表紙】
東京都青梅市内で建設されている「ゼロカーボンハウス青梅」の見学会が9月13日に行われた。“再生エネ100%”の木造住宅としているだけでなく、使用資材の製造エネルギーなども評価して二酸化炭素(CO2)の排出ゼロを達成している。

【ニュース・フラッシュ】
◆国有林の「基本計画」改定へ、新局面に入る 債務返済額の引き上げで収入増が課題に
 ▽国有林材販売価格のアップが課題、債務返済計画の見直しも
◆新「森林整備保全事業計画」検討、来年春の閣議決定目指す
◆「森ハブ・プラットフォーム」新設、参画企業などを募集中!
◆エネルギー向け木材チップ量3・3%増、「間伐」由来続伸
◆森林・林業版の「地域おこし協力隊制度」活用パンフレット作成
◆10月4日「第2回森林づくり全国推進会議」&シンポジウム
◆緑の循環認証会議が10月25日に創立20周年フォーラム開催

【緑風対談】
ポイント解説・林野予算要求の重点事項・下 少花粉苗木を増産、既存事業も拡充目指す
 ▽林道手前の農道も一体整備、治山事業は“使い勝手”高める
 ▽植替支援の素材生産業者へ14万円、樹種転換にも24万円交付
 ▽花粉の少ない苗木の供給力アップへ、増産施設に細胞増殖も
 ▽「デジタル戦略拠点」に6か所追加、即戦力に月10万円支給

【遠藤日雄のルポ&対論】
林業・木材産業の“下支え役”が展望する未来・上
 ▽中小零細が多い林業・木材産業の信用力を補完する役割担う
 ▽素材生産・木材加工とも業績改善、だが利益率などは低水準
 ▽債務保証利用の多い地銀も環境・気候問題を重視、追い風に

【突撃レポート】
山の働き手を支え続けて約半世紀・岩手県森林整備協組
 ▽造林事業者の“まとめ役”として発足、福利厚生充実など担う
 ▽22年の共同受注額は約24億円、保険・共済に安全対策も推進
 ▽初心を忘れず“人に投資”、ICTを活用し生産性向上目指す

【地方のトピックニュース】 
◆鹿島市と太良町の共同事業体がSDGs事業 町有林でJ-クレジット創出など目指す
◆大東建託が「ゼロカーボンハウス青梅」建設 太陽光+木質バイオで再エネ100%達成
 ▽省エネ基準に加え“建築物の一生”を評価するLCCMもクリア
◆映画「北の流氷」が企業協賛とふるさと納税で製作資金を募る
◆全苗連生産者の集いを和歌山県で初開催、予算確保など決議

【寄稿】
「林業」と小学校社会科の教科書について(2)
 林野庁長官 青山豊久
 4.復活したのは「森林の保護」だった
 5.林業関係者として認識しておくべきこと

【りんせいダイアリー300秒】
◆森林総研が10・12月にオンラインシンポ開催
◆日本緑化センターが50周年記念フォーラム
◆サザエさん一家と電車に乗って植樹ツアー
◆木質バイオエネルギー協会が職員1名募集
◆住友林業&信越化学工業「耐火‐ガイナー」
◆全国9か所で鳥獣被害対策の人材育成研修

【広告】
日本林業土木株式会社

上記内容は本書刊行時のものです。