版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
風が見えた日から奇跡が 藤恵 研(著) - 浪速社
.
詳細画像 0 詳細画像 1 詳細画像 2 詳細画像 3

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|鍬谷|日教販   書店
直接取引: なし
返品の考え方: 新刊委託6ケ月間フリー入帳。その後も時と場合によって入帳。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

風が見えた日から奇跡が (カゼガミエタヒカラキセキガ)

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:浪速社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ16mm
重さ 250g
209ページ
上製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-88854-544-0   COPY
ISBN 13
9784888545440   COPY
ISBN 10h
4-88854-544-8   COPY
ISBN 10
4888545448   COPY
出版者記号
88854   COPY
Cコード
C0093  
0:一般 0:単行本 93:日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2022年2月17日
書店発売日
登録日
2022年1月14日
最終更新日
2022年2月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

凄腕銀行マンがふと足元を見つめたとき、今までの生き方の意味を見失った。
人生の辛い日々を乗り越えて、瀬戸内海を舞台に再生の場所を探し求める。
そこは海難事故で亡くなった精霊が、この世に未練と郷愁を残して彷徨う、現実とは思えない不思議な事が次々起こる所だった。
この精霊達のために「五輪の万霊供養塔」を建て供養するが……。
自己を開放する再生の場所に辿り着いたのか?

目次

四通の手紙
プロローグ
紅いレモン
浮標
黒の華
海の墓守
エピローグ

前書きなど

プロローグ
船山修二は1965年の生まれである。55歳になったのを機に、30年余り身をおいてきた五洋銀行を辞職しようとしていた。
「船山君、私は君を45歳で常務に抜擢した。今や副頭取の筆頭候補なのに……」  
頭取室にはブラインド越しの弱い光が満ちている。ソファに身を沈めた熊谷泰三の前には辞表が置かれてある。半年前に辞意を伝えて三度目の面談だった。
頭取の襟の社章がいぶし銀の光を放っている。重い空気が二人の間に横たわって動かない。長い沈黙が続いていた。 
冷徹かつワンマン頭取の熊谷は、五洋銀行の中興の祖とも目される人物だ。頭取に就任してからの業績は目覚ましいものがある。それだけに額に刻まれた皺も深い。 
熊谷はタバコに火をつけて、ゆっくり立ちあがると窓際まで歩を運び、ブラインドの隙間に視線を泳がせながら白い煙を吐いた。
熊谷の船山に対する執着はまだ消えてはいない。今はまだこの駒を手放したくない。泥をかぶることも、捨て石になることもいとわない男はそうそういるものではない。熊谷にとって船山は最も信頼できる術策の手足でもあった。
だが硬い鋼はそれだけに跳ね返りもきつい。意志も強固だ。熊谷の権威をもってしても、長い時間をかけても、船山の意志が揺らぐことはなかった。やがて熊谷が折れた。 
「意志は固いようだな」
「……」
「……残念だが、仕方がない。今までよく私を支えてくれた。感謝する」
熊谷は両手を伸ばして船山の手を握ると、幾重もの深い皺を寄せて、無理やりその表情を崩した。
船山は入行以来、熊谷の懐刀だった。熊谷に求められればどんな仕事もいとわなかった。その信頼は絶大だった。だから最も早く常務に抜擢されもした。言わば猛烈な企業戦士だった。仕事が生きていく糧だった。
船山は行内結婚をした妻と娘を10年前に交通事故で失っている。失ったのは妻と娘だけではなかった。無二の友人も失った。顧客の信望も失った。
強引に融資を引き剥がして回収したとき、資金繰りに行き詰まった友人は首を吊った。銀行の安全を担保するために、無二の親友を切り捨てることもいとわなかったのだ。友人が抱えている事情を考慮することもなかった。
切り捨てたのは、友人だけではない。確立していく行内での評価と引き換えに、共存共栄をうたった顧客との人間関係をも捨ててきたのだった。
何のための仕事をしているのか? その時は考えなかった。
何のための仕事をしてきたのか? 今はそのことを考え、迷い、失望している。
両親ももうこの世にはいない。兄弟姉妹もない。ふと足元を見つめたとき、いままでの生き方の意味を見失った。
船山は決断する。55歳で仕事を辞する。血を流して得た地位も関わりも、すべて捨てる。そして自分を開放する。
関わりから解放された無の時間の中で、自分自身を見つめ、いままでの失った人生を取り戻す。心身を開放して自由奔放に生きていく……。

版元から一言

『北摂の神々』に続く第2作。
●本書のストーリー
「凄腕銀行マンがふと足元を見つめたとき、今までの生き方の意味を見失った。瀬戸内海を舞台に再生の場所を探し求める。そこは海難事故で亡くなった精霊が、この世に未練と郷愁を残して彷徨う、不思議な事が次々起こる所だった」
ページを進につれて、物語に引き込まれる。
新春ファンタジーを是非! 

著者プロフィール

藤恵 研  (フジエ ケン)  (

1943年(昭和18年8月18日)岡山県に生まれる。
製薬会社人事部勤務を経て、1969年より
大阪市にて事業経営し、2013年に引退する。
2015年から執筆を開始。
現在、兵庫県川西市に在住し執筆中。
著書『北摂の神々』

上記内容は本書刊行時のものです。