版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
難関大入試数学 数列の難問とその周辺 栗田 哲也(著/文) - 東京出版
..

難関大入試数学 数列の難問とその周辺

学参
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:東京出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ7mm
重さ 198g
136ページ
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-88742-253-7   COPY
ISBN 13
9784887422537   COPY
ISBN 10h
4-88742-253-9   COPY
ISBN 10
4887422539   COPY
出版者記号
88742   COPY
 
Cコード
C7041
学参II(高校) 単行本 数学
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年4月5日
書店発売日
登録日
2021年2月10日
最終更新日
2021年3月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

●月刊『大学への数学』の連載記事「数列の周辺」を1冊にまとめました。

 大学受験の必要上、効率よく各分野を網羅し、適切な解法を記す書物も必要だろう。
 だが、その他に、読者に不思議な問題(多くは難しい)を呈示し、本質的だが「うーん、こんな考え方もあるのかあ」とうなる物の見方を呈示して、数学を考えることが好きになってもらう本も必要ではないだろうか。
 本書は、はじめから、面白くて不思議だが、挑発的なまでに難しい問題を、大学受験やSLP(数学オリンピック世界大会の問題候補)の数列分野から選んで、それに解説を加えた本である。
 従って、「数列の基礎」を解説した本ではなく、「数列の面白さ、数列の見方」を呈示して読者を‘挑発’するタイプの本といってもよい。
 ただ、目標は数学の中の「数列」という一分野に‘出会い’好きになってもらうことである。
(本書の §0 より抜粋)

目次

利用法
§0 「はじめに」と「イントロ」を兼ねて
§1 実験・書き並べ・予想・帰納法
§2 数列を調べる
§3 背景のある漸化式
§4 2次の漸化式
§5 2進法と数列
§6 ガウス記号と数列
§7 合成‘1次’関数と数列
§8 数列と不等式・極限
§9 三角関数,x+1/xと漸化式
§10 数列の差分
§11 多項式の係数と数列
§12 いろいろな問題
あとがき

上記内容は本書刊行時のものです。