版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
犬闘詩 芳 水(著/文) - 同時代社
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

犬闘詩 (ケントウシ) Dogs breathe in the ring.Ⅱ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:同時代社
四六判
価格 1,300円+税
ISBN
978-4-88683-949-7   COPY
ISBN 13
9784886839497   COPY
ISBN 10h
4-88683-949-5   COPY
ISBN 10
4886839495   COPY
出版者記号
88683   COPY
Cコード
C0092  
0:一般 0:単行本 92:日本文学詩歌
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2023年7月31日
最終更新日
2023年9月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

血統書を見捨てた、かまない犬 C級ライセンスから見捨てられた、かませ犬
柔らかい満月の笑顔に突き上げられない吻と拳。行き場を見失った無音の遠吠え

スパーリングパートナーのリング禍を機に、リングから遠ざかった元4回戦プロボクサー(戦績:2敗2勝)。その後、興味を持ったのは犬闘詩(けんとうし)だった…。

弱さをキーワードにエピローグから始まりプロローグで終わる、238ページ89編の詩を、リングや犬にこだわらず、幅広いジャンルで綴っています。
表紙を飾るのは、元職業犬の愛犬、老豆柴犬。

目次

エピローグ

渇き /宵 /ロストシーズン /killing me softly /嘆きの渇き /赤月 /つながる /眺める /下を向いて歩こう /数式 /鏡水 /フルコース /驟涙 /ドーナッツ /くるい咲き /ノーリターン /まぶしい静寂 / エレクトリック・サーカス /シャンデリヤ /歩いて寝て /世界の終わり /ドッグ・ウェイ / 傾斜色/来世までのおまじない /プライド /エブリーバーディー /ここにはいない / つむじ風 /桜ブルー /対立する恋 /土に埋もれたゴンドラ /赤いリード /サバイブ /ピリ-オド /グラスに残った赤 /連鎖 /山海 /グラム /0点 /涙の温度 /残響 /立ち止まる時 /YES。 /流儀 /knoking door /アンカー /ロビー /黄空 /逃避の贈り物 /バーーーーン /非常と有事 /ありふれたいつもの場所へ /詩掌編 /やたら無闇 /見えない夢 /焦がして /笑末 /終わらない次元 /ブルース /ロートの方程式 /風鈴 /卒業歌 /NINE /グッモーニン /キッス /白と黒のメロディー /食堂 告知 /遠くはぐれた暦 /底-ソウル- /顔 /ステップ /エンジェル /願う /ハンディーキャップ /リピート /ヒーローの資格 /タイムゴーズバイ /ヘヴン /時を憎んで /シキタリ /セラピー /ゾンビの涙 /キツネと狸 /フォローミー /疾走 /手負いのライブ /生月

プロローグ

前書きなど

「2018年、詩を主、写真を従とする個展を開きました。飼い犬だった迷い犬の老犬(2代目ルビー)が詩を体現し、パネルに収まってくれました。残念ながら個展前日に亡くなってしまいました(この詩集にもそのときの詩を収録してあります)。
そして今回、個展と同じタイトルをサブタイトル〝Ⅱ〟として上梓。
表紙には飼い犬の3代目るびい(老犬豆柴)を抜擢しました。
拙い詩ですが、少しでも共感いただけたら幸いです。」(「序」より)

著者プロフィール

芳 水  (ハ ミズ)  (著/文

かませ犬。グリーン ザ・モンスター 老ボーイ。慣れないサラリーマン生活から卒業する口実に選んだのが、無謀なるも職業拳闘士。しかし、すぐに試合にもなじめないことに気がついた。
それでも練習だけは続けていた。
スパーリングの話が段々と舞い込むようになり、相手をチア(鼓舞)することに楽しさを見出すようになった。
スパーリングパートナーとなったK君のリング禍を機に、殴り合うリングから遠ざかる。
戦績:2敗2勝
その後、実直で素直な犬との触れ合いにはまり、犬道詩(けんとうし)転じて犬闘詩を書き始める。

上記内容は本書刊行時のものです。