版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ワシントン・ナショナル・ギャラリー 三十六肖像 松岡 將(写真) - 同時代社
.

ワシントン・ナショナル・ギャラリー 三十六肖像 美の殿堂へのいざない・補遺

発行:同時代社
A4判
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-88683-887-2
Cコード
C0071
一般 単行本 絵画・彫刻
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年10月1日
最終更新日
2020年11月4日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

奇跡のコレクション第二弾! ワシントン・ナショナル・ギャラリー展示の傑作36肖像画を一挙に紹介!
カスターニョ「ある男の肖像」
コッサ「聖ルチア」
ルイーニ「ある淑女像」
ティティアン「リンゴを持つ女」
レンブラント「高帽子の男の肖像」
フェルメール「手紙を書く女」
ゴヤ「サバサ・ガルシア夫人」
ルノワール「シコー嬢」
ゴッホ「自画像」
……

目次

十五、六世紀のイタリア・ルネサンスと北方ルネサンスにあって

「ある男の肖像」(一四五〇)
アンドレア・デル・カスターニョ(一四一九―一四五七、フィレンツェ)
「聖ルチア」(一四七三/七四)
フランチェスコ・デル・コッサ(一四三六―一四七七/七八、フェラーラ)
「ジネブラ・ベンティヴォーリョ」(一四七四/七七)
エルコレ・デ・ロベルティ(一四五五/五六―一四九六、フェラーラ)
「ジョヴァンニ・エモ像」(一四七五/八〇)
ジョヴァンニ・ベッリーニ(一四三〇/三五―一五一六、ヴェネツィア)
「ジュリアーノ・デ・メディチ」(一四七八/八〇)
サンドロ・ボッティチェッリ(一四四六―一五一〇、フィレンツェ)
「ある聖職者像」(一五一六)
アルブレヒト・デューラー(一四七一―一五二八、ドイツ)
「ある男の肖像」(一五二二)
ルーカス・クラナッハ(父)(一四七二―一五三三、ドイツ)
「ある淑女像」(一五二〇/二五)
ベルナルディーノ・ルイーニ(一四八〇―一五三二、ミラノ)
「ハンス・ロス夫人(マルガレーテ・ウォーリン)」(一五二七)
ベルンハルト・ストリゲル(一四六一―一五二八、ドイツ)
「ブライアン・トゥーク卿」(一五二七/二八)
ハンス・ホルバイン(子)(一四九七/九八―一五四三、ドイツ)
「リンゴを持つ女」(一五五〇)
ティティアン(一四八八/九〇―一五七六、ヴェネツィア)
「サン・マルコ寺院管理官」(一五七五/八五)
ヤコポ・ティントレット(一五一八/一九―一五九四、ヴェネツィア)


オランダ黄金時代の十七世紀

「高帽子の男の肖像」(一六六三)
レンブラント・ファン・レイン(一六〇六―一六六九、オランダ)
「手紙を書く女」(一六六五)
ヨハネス・フェルメール(一六三二―一六七五、オランダ)


十八世紀後半から十九世紀の前半にかけて
   フランス、イタリア、イギリス、スペイン、そしてアメリカも

「ル・フェーブル・ド・コーマルタン夫人(ヘベとして)」(一七五三)
ジャン=マルク・ナティエ(一六八五―一七六六、フランス)
「ある紳士の肖像」(一七六二)
ポンペオ・バトーニ(一七〇八―一七八七、イタリア)
「トマス・グレアム男爵夫人」(一七七五/七七)
トマス・ゲインズバラ(一七二七―一七八八、イギリス)
「スケートに興ずるウィリアム・グラントの肖像」(一七八二)
ギルバート・スチュアート(一七五五―一八二八、アメリカ)
「パトリック・トレーシー」(一七八四/八六)
ジョン・トランブル(一七五六―一八四三、アメリカ)
「ジョン・テイトとその孫息子」(一七九三)
ヘンリー・レイバーン(一七五六―一八二三、スコットランド)
「サバサ・ガルシア夫人」(一八〇六/一一)
フランシスコ・デ・ゴヤ(一七四六―一八二八、スペイン)
「フランス皇帝ナポレオン:テュイルリー宮殿の書斎にて」(一八一二)
ジャック=ルイ・ダヴィッド(一七四八―一八二五、フランス)
「ハープとエリザ・リッジリー」(一八一八)
トマス・サリー(一七八三―一八七二、アメリカ)
「雌鷹―シャワノ」(一八三〇)
ジョージ・カトリン(一七九六―一八七二、アメリカ)


十九世紀後半から二十世紀始めにかけて
   フランス、なかでも華のパリにあっての印象派やポスト印象派

「シコー嬢」(一八六五)
ピエール=オーギュスト・ルノワール(一八四一―一九一九、フランス)
「アゴスティーナ」(一八六六)
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(一七九六―一八七五、フランス) 
「悲劇俳優」(一八六六)
エドゥアール・マネ(一八三二―一八八三、フランス)
「アントニー・ヴァラブレーグの肖像」(一八六六)
ポール・セザンヌ(一八三九―一九〇六、フランス) 
「マロ嬢」(一八七七)
エドガー・ドガ(一八三四―一九一七、フランス)
「ベアトリス・タウンゼンド嬢」(一八八二)
ジョン・シンガー・サージェント(一八五六―一九二五、アメリカ)
「自画像」(一八八九)
ポール・ゴーギャン(一八四八―一九〇三、フランス)
「自画像」(一八八九)
フィンセント・ファン・ゴッホ(一八五三―一八九〇、オランダ)
「赤い百日草を手にする女」(一八九一)
メアリー・カッサト(一八四四―一九二六、アメリカ)
「犬を膝にする女」(一八九一)
アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック(一八六四―一九〇一、フランス)
「赤児を抱くジプシーの女」(一九一九)
アメデオ・モディリアーニ(一八八四―一九二〇、イタリア)
「ある少年の肖像」(一九二八)
シャイム・スーティン(一八九三―一九四三、ロシア)

著者プロフィール

松岡 將  (マツオカ ススム)  (写真

1935(昭和10)年2月7日、北海道樺戸郡月形村字知来乙(母の実家)生まれ。当時父は、全国農民組合北海道聯合会執行委員長で、北海道上川郡剣淵村在住。生後2ヵ月ほどして父母に伴われて剣淵村へ。一年ほどして、旭川にうつり、四歳まで旭川にて過ごす。 のち、東京、仙台、三条(新潟)をへて、1941(昭和16)年6月、父の勤務に伴い、渡満(関東州大連へ)。小学生時代を大連で一年、新京(現 長春)で4年過ごし、終戦1年後の1946(昭和21)年9月、満洲(新京)から葫蘆島をへて父の郷里仙台に引揚げる。仙台にて東北学院中・高校を経て、1958(昭和33)年3月、東京大学経済学部を卒業し、同年四月、農林省入省。 省内各局を経験して、1972~76(昭和47~51)年の4年間、外務省に出向し、在ワシントン日本国大使館勤務。  1976年7月に帰国後、食糧庁、農蚕園芸局、構造改善局、経済局、大臣官房等を経て農水省国際部長、東海農政局長を歴任して1986(昭和61)年退官。 その後、ジェトロ、国際農業交流基金、FAO協会、IFPRI(国際食料政策研究所)等、内外の国際農業関係団体・機関に役員として勤務。 国際農業問題関係の多数の著書・論文・訳書のほか、一般向け著書として『住んでみたアメリカ』(1981年:サイマル出版会)、『ドライビング・アメリカ』(1993年:ジェトロ出版部)など。また、最近では『松岡二十世とその時代』(2013年:日本経済評論社)、『王道楽土・満洲国の「罪と罰」』(2015年:同時代社)、を刊行。

上記内容は本書刊行時のものです。