版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
薔薇雨 1960年6月 手塚 英男(著/文) - 同時代社
.
詳細画像 0

薔薇雨 1960年6月

発行:同時代社
四六判
価格 1,500円+税
ISBN
978-4-88683-874-2
Cコード
C0093
一般 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
書店発売日
登録日
2020年3月24日
最終更新日
2020年4月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

その夜、国会南通用門で彼女は斃れた――。
〈わたしの樺美智子を捜す旅は、『薔薇雨』の中の「彼女」に出会い、ようやく確かな輪郭を得て、『樺美智子 聖少女伝説』を書き上げることができた〉江刺昭子氏寄稿

目次

『薔薇雨』再刊に寄せて   江刺昭子

薔薇雨 1960年6月

 あとがき――単行本化にあたって  

前書きなど

〈わたしの樺美智子を捜す旅は、『薔薇雨』の中の「彼女」に出会い、ようやく確かな輪郭を得て、『樺美智子 聖少女伝説』を書き上げることができた〉江刺昭子氏寄稿

〈一九六〇年六月一五日、ついに雨のそぼ降るあの夜を迎えました。国会南通用門前の夜半の激突のなかで、二二歳の「彼女」は機動隊に踏みにじられ、惨死しました。
  あなたには長い人生があるわ。
  でもわたしには、もう明日はないの。
 闇の中に間違いなく「彼女」の悲鳴を聞きました。その悲鳴は絶えず背に張りついて離れませんでした〉(「あとがき」より)

上記内容は本書刊行時のものです。