版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
戦後史を生きる 兵藤 釗(著) - 同時代社
.

戦後史を生きる 労働問題研究私史

発行:同時代社
四六判
552ページ
上製
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-88683-857-5
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2019年6月28日
発売予定日
登録日
2019年5月23日
最終更新日
2019年5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「労働問題」を追及してきた心
今なお、働くとは何か、生きるとは何か、を問いつづける。

「兵藤さんは労働問題研究の最盛期を作り上げた中心的研究者です。兵藤さんの研究の歩みを理解することは、とりもなおさず労働問題研究とは何であるのか、何であったのか、を理解することにつながります」野村正實
「兵藤先生が私たちのどのような質問に対しても極めて率直に答えてくださったことです。研究についてはもちろんですが、思想形成や生き方そのものについても然りでした。その中には、東大闘争の際の行動や東大定年後に転任された埼玉大学で発生した学長選挙やり直し事件への対応等、先生が関与された事件の話も含まれています」上井喜彦
戦後生まれの研究者二人に、自らの思考の軌跡と時代精神を語る。

目次

Ⅰ 小学校から旧制中学へ
Ⅱ 東大 駒場から本郷へ
Ⅲ 大河内「出稼型論」との格闘
Ⅳ 大学紛争のなかで
Ⅴ 戦後研究へ
Ⅵ 八〇年代を迎えて
Ⅶ 時代の区切りに際会して

著者プロフィール

兵藤 釗  (ヒョウドウ ツトム)  (

1933年 愛知県西加茂郡挙母町生まれ
1957年 東京大学経済学部卒業
1962年 東京大学大学院経済学研究科単位取得退学
1962年 東京大学経済学部助手、後に助教授、教授
1998~2004年 埼玉大学学長
2007~2011年 学校法人成城学園学園長

野村 正實  (ノムラ マサミ)  (聞き手

1948年 静岡県小笠郡横須賀町生まれ
1971年 横浜国立大学経済学部卒業
1976年 東京大学大学院経済学研究科単位取得退学
1977年 岡山大学講師、後に助教授、教授
1995年 東北大学経済学部 教授
2012~2015年 明治大学特別招聘教授
2016~2018年 国士舘大学経営学部教授

上井 喜彦  (カミイ ヨシヒコ)  (聞き手

1947年 大阪府八尾市生まれ
1972年 東京大学経済学部卒業
1979年 東京大学大学院経済学研究科単位取得退学
1980年 埼玉大学経済学部講師、後に助教授、教授
2000~2002年 社会政策学会代表幹事
2008~2014年 埼玉大学学長

上記内容は本書刊行時のものです。