版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ジョン・F・ケネディはなぜ死んだのか ジェイムズ・W・ダグラス(著) - 同時代社
.

ジョン・F・ケネディはなぜ死んだのか 語り得ないものとの闘い
原書: JFK and the Unspeakable―Why He Died and Why It Matters

発行:同時代社
A5判
700ページ
並製
定価 3,700円+税
ISBN
978-4-88683-771-4
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年12月
書店発売日
登録日
2015年5月20日
最終更新日
2015年5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

全米で話題をさらったJFK暗殺の深部に迫る決定版。

本書は1990年代に公開された最新の情報をもとにして、ケネディ暗殺の真相に迫っている。調査委員会で暗殺単独犯とされた元海兵隊員オズワルドは本当に実行犯だったのか? それとも彼はCIAの巧妙な偽装工作によって仕立て上げられた身代わりだったのか? 未遂に終わったシカゴでのケネディ暗殺計画とは? オズワルドが逮捕された直後にダラスから飛行機で脱出したオズワルドそっくりの男は誰だったのか? 著者が描く暗殺のドラマは極めてスリリングである。
しかし、本書が単なるケネディ暗殺の謎解きでないことは、以下の章立てをみればわかる。
第1章 冷戦戦士の転向
第2章 ケネディ、カストロ、CIA
第3章 JFKとベトナム
第4章 暗殺の標的に
第5章 サイゴンとシカゴ
第6章 ワシントンとダラス

南太平洋、ワシントン、サイゴン、ハバナ、ダラスと舞台を移し、本書は平和を追求しようとするジョン・F・ケネディと彼の平和政策を阻もうとする権力のすさまじい闘いを描いている。兄同様に暗殺されたロバート・ケネディの次男ロバート・ケネディ・ジュニアは、自らの命を犠牲にして平和を目指したケネディ大統領を描くこの本を高く評価して、すべてのアメリカ人に読んでもらいたいと語っている。

「1963年11月22日ダラスで起こったこと」の秘密の全貌を明らかにし、さらに秘密の起源を探ることは、現代アメリカの政治・社会を深層で突き動かしているものの正体を知ることになる――。

目次

まえがき

序 章

年 表

第一章 冷戦戦士の転向

第二章 ケネディ、カストロ、CIA

第三章 JFKとベトナム

第四章 暗殺の標的に

第五章 サイゴンとシカゴ

第六章 ワシントンとダラス

あとがき

アメリカン大学での演説全文

訳者あとがき
 
原注

前書きなど

オリバー・ストーン(映画『JFK』監督)
「なぜケネディの死が重要なのでしょうか?
ケネディの死は私たちの歴史のなかで重要な転機をもたらしています。彼を死に至らしめた者たちは一人の人間を標的にしただけではなく、一つのビジョン、平和のビジョンを標的にしたのです。
ケネディが米国のために、そして世界のために命を絶たれたことによる影響を測ることは不可能ですが、その影響はいまも続いています。米国と地球の未来は、ダグラス氏が“語り得ないもの"と呼ぶ闇の勢力によって大きく支配されています。これらの勢力の仮面をはがし、歴史についての真実と対峙することによってこそ初めて、私たちは民主主義が約束するものを取り戻し、ケネディの平和のビジョンを自分たちのものにすることができるのです。
でも、私の言葉をそのまま受け取らないでください。この類まれな本を読んで、あなた自身の結論を出してください」

オノ・ヨーコ
「夜を徹して読んで、涙が止まりませんでした。
一睡もしませんでした。いますぐ立ち上がって、世界を変える力を与えてくれる本だと思います」

ロバート・ケネディ・ジュニア
「すべてのアメリカ人にこの本を読んでもらいたい」

版元から一言

2014年12月18日の朝刊各紙で米国とキューバが54年ぶりに国交正常化交渉を始めることが大きく報道されました。冷戦終結を目指したジョン・F・ケネディが1963年に当時のキューバ首相フィデル・カストロと直接対話を始めるために秘密交渉を開始したことはあまり知られていません。ケネディが暗殺されたのは、仏のジャーナリストがケネディの意向を受けてカストロと会談している最中でした。本書ではこの交渉の経緯と顛末が詳しく述べられています。

上記内容は本書刊行時のものです。