版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
きょうだいの育て方 エイムズ 唯子(著) - 同時代社
.

きょうだいの育て方 文化心理学で読み解く親業

発行:同時代社
A5判
192ページ
並製
定価 1,900円+税
ISBN
978-4-88683-763-9
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2014年7月
書店発売日
登録日
2015年5月20日
最終更新日
2015年5月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本人・カナダ人の親に聞く、きょうだいがきょうだいに「なる」ために、大切なこととは?

日本流「一緒」「同じ」「譲る」「我慢する」
カナダ流「ヒアHere」「ゼアThere」「ホームHome」「ボンドBond」……
きょうだい関係をめぐるキーワードで考える。

〈きょうだいは、きょうだいとして生まれるのではなく、きょうだいに「なる」はずだという仮説から出発しました。きょうだいになるためには、「きょうだいとして育てられる」という経験が必要です。そして、ここで大きな役割を果たしているのが親です――〉(本文より)

目次

はじめに

第1章 「きょうだいを育てる」ということ
 第1節 カナダでホームステイ――3人の子どもとネコ
 第2節 ブシェルさん一家の日常
 第3節 「インターディシプリナリー(学際的)って?」
 第4節 アンソロポロジー(人類学)に恋して
 第5節 文化心理学と出会う
 第6節 ふたつの意図的世界
 第7節 グラウンデッド・セオリー・アプローチに挑む
 第8節 ペアレンティング(親業)の世界へようこそ

第2章 親によるきょうだいの社会化――日本の場合
 第1節 「一緒」
①「一緒」の意味――きょうだいは1つ
a 身体的な近さ
b 情緒的な近さ
②「一緒」を社会化する
a 寄り添うことを習慣にする
b 悲しいときに傍にいる
c 外で守りあう
d 親だって弱いと教える
 第2節 「同じ」
①「同じ」の意味――きょうだいは似て非なる存在
②「同じ」を社会化する
a きょうだいげんかは自己表現のうち
b 自分とは家族のなかの一部分
c しかるときは同じルールで
 第3節 「譲る」
①「譲る」の意味――権利の主張はほどほどに
②「譲る」を社会化する
a 譲って「同じ」に
b 譲って「一緒」に
 第4節 「我慢する」
①「我慢」の意味――欲望を自制する
②「我慢」を社会化する
a わがままは「一緒」の敵
b きょうだいのわがままには寛容に
c 我慢とわがままの関係を知る
d 我慢をさせすぎないこと

第3章 親によるきょうだいの社会化――カナダの場合
 第1節 私が出会った「カナダ人」のこと
 第2節 カナダの親によるきょうだいの社会化
 第3節 「ヒア」と「ゼア」:ここ(Here)とむこう(There)
    ①「ヒア」と「ゼア」――巣立ちの予感と子離れの覚悟
    ②「ヒア」と「ゼア」をカーリング競技の比喩から考える
    ③「ヒア」と「ゼア」を社会化する
     a ヒア:親の力が及ぶ時空間
     b ゼア:親の力が及ばない時空間
 第4節 「ホーム(Home)」:安全で居心地のよい生活空間
①「ホーム」の意味――きょうだい関係の基礎となる理想的な空間
②「ホーム」を社会化する
a 快適さと安全を確保すること
b 共感はほどほどに
c 大切なのは公平であること
 第5節 「ボンド(Bond)」:血縁
①「ボンド」の意味――関係を長く維持するつながり
②「ボンド」を社会化する
a 親戚関係というボンド
b 共通項というボンド
 第6節 「テイキング・リスポンシビリティ(Taking responsibility)」:責任を引き受ける
①「テイキング・リスポンシビリティ」の意味――弟妹の面倒をみること
②「テイキング・リスポンシビリティ」を社会化する―兄らしく・姉らしく
 第7節 「ディーリング・ウィズ・プロブレムズ(やっかいな問題を解決する)」
①「ディーリング・ウィズ・プロブレムズ」の意味――対人スキルの習得
②「ディーリング・ウィズ・プロブレムズ」を社会化する―親がお手本を見せる
a 否定的な感情をコントロールする
b ややこしい状況を切り抜ける

第4章 日本とカナダの「きょうだいの育て方」を比較する
 第1節 安全で快適な環境づくり――「一緒」と「ホーム」
 第2節 公平で平等な社会を目指して――「同じ」と「ホーム」
 第3節 なぜ血縁関係は大切なのか――「一緒/同じ」と「ボンド」
 第4節 ところ変われば品かわる~紛争解決スキルのいろいろ――「譲る/我慢する」と「ディーリング・ウィズ・プロブレムズ/ヒア」
 第5節 年下の面倒をみるちから――「一緒/我慢する」と「ホーム/テイキング・リスポンシビリティ/ディーリング・ウィズ・プロブレムズ」

おわりに
あとがき
参考文献
索引

前書きなど

日本人・カナダ人の親に聞く、きょうだいがきょうだいに「なる」ために、大切なこととは?

上記内容は本書刊行時のものです。