版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
地下足袋の詩 入佐 明美(著) - 東方出版
.

地下足袋の詩 歩く生活相談室18年

発行:東方出版
四六判
238ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-88591-540-6
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
1997年10月
書店発売日
登録日
2010年11月22日
最終更新日
2010年12月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日雇いの街、大阪・釜ヶ崎でボランティア・ケースワーカーとして18年間労働者の話を聴き、支え続けた
女性が綴る「釜ヶ崎日記」。苛酷な労働を担い、生と死の間で全存在をかけて生きる労働者たちの姿を通
して、現代社会の真実を描く。◉8刷◉

目次

はじめに…ネパールから釜ヶ崎へ/日雇い労働者の生活

1 活動の原点…話ができるまで/病気のむこうに/看護と私/ポケットからイエスさんに/おれの老後/ドヤの壁/ほか

2 無縁仏…アパート探し/北条さん語録―働きたい/わしらの励み/断酒を決意させたもの/いたわり/ダンボールの山/ほか

3 目に見えない労働…からだを張って生きてきたんや/結核は仲間の支え合いで治る/枕元での泣き声/受け取る人の気持ち/ほか

4 釜ヶ崎学校入学…むだを繰り返すことの大切さ/何のためにやっとるん?/十四歳の娘/ヨブの信仰/ほか

おわりに―十八年間の歩みを振り返って

前書きなど

「この本を日雇いで働いていた人と日雇いで働いている人に捧げる。」本書献辞より

著者プロフィール

入佐 明美  (イリサ アケミ)  (

1955年鹿児島県肝属郡吾平町(現・鹿屋市)生まれ。県立高山高校卒業。姫路赤十字看護専門学校卒業。播磨大塩病院勤務。
1980年より釜ヶ崎でボランティア・ケースワーカーとして働いてきた。著書に『ねえちゃんごくろうさん』(キリスト新聞
社)、『いつもの街かどで』(いのちのことば社)、『いのちを育む』(共著、中央出版社)がある。
ボランティア・ケースワーカー(看護士・社会福祉主事)。

上記内容は本書刊行時のものです。