版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
続 近江漫遊 菊池 光治(著) - サンライズ出版
.

続 近江漫遊

A5判
200ページ
並製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-88325-653-2
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年1月31日
書店発売日
登録日
2018年12月27日
最終更新日
2019年2月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本文化の形成に大きな役割を担ってきた近江は、万葉集に始まる文学や芸能の舞台となった。「近江漫遊の旅」は、この地に居を構える著者ならではの感性が光り、舞台となったその地を語る古典の引用が、一層いろどりを添える。

目次

■近江漫遊
菅浦/深坂古道(塩津海道)/湖北観音/冨田人形と米国人留学生
湧出山の蝶/住友活機園/信長の夢とゆかりの文学散歩
苗字遊び/水のきらめき ─志村ふくみの世界─/湖東三山の秘仏
荘厳する桜/花にあそぶ

■古都散策
東寺(教王護国寺)/石清水八幡宮
大山崎山荘美術館/京の花みち

■湖北の能舞台
羽衣/薩摩守/融/葛城/頼政/口真似/栗焼/井筒/清経
巻絹/半蔀/橋弁慶/養老/竹生島/自然居士

著者プロフィール

菊池 光治  (キクチ コウジ)  (

1941年東京に生まれる。東京工業大学理工学部卒。滋賀県内企業に就職、2002年退職。退職後は歴史散策や旅行写真の趣味を生かして県内各地を探索、古橋竹謳会会員として能楽に親しむ。古来より近江は能の舞台になった場所が多く、これらをまとめた随筆集『近江漫遊』は大変好評だった。その後さらに淡海の歴史を追求しつつ、能の舞台になった各地に出向きさらに、近江に古来から伝わる祭りをもテーマに著者の見たまま、感じたままをまとめた。

上記内容は本書刊行時のものです。