版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
首都圏に生きるアイヌ民族 関口由彦(著) - 草風館
.

首都圏に生きるアイヌ民族 「対話」の地平から

発行:草風館
四六判
252ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-88323-179-9
Cコード
C1039
教養 単行本 民族・風習
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年11月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

本書は、首都圏で活動するアイヌの人々自身によるライフストーリー(自らの人生の歩みを振り返る物語)の語りを集めたものである。レラ・チセ(アイヌ料理店)という場で、多くのアイヌ民族との出会いに恵まれることによって、本書を著すことができた。本書の読者の方々が、実際に、アイヌ料理店「レラ・チセ」や首都圏で行われているアイヌ民族のイベント等の場に足をはこんでくださることで、現実の出会いが生じていけば、対話はより直截に循環する。新しい理解を紡ぎだしつづける対話的なつながりがどこまでも広がり、多くの人びとを巻き込みながら循環しつづけることを切に望んでいます

目次

共に歩む者として──はじめに 
第一部 歩み続ける者たちの日常
踊りの力/紋様を刻む・彫る/神々の遊ぶ庭/「運命としか思えない」 
第二部 生きられる〈民族〉 
〈アイヌ〉=人間として生きる/生きられる文化の伝承/響きあう身体の音色/アイヌ・日本人という生き方/若い仲間 
第三部 未完の対話へ
囲炉裏の風景/生活を守る、家族を守る、文化を守る/差別に抗い続けるということ/いま、アイヌ文化を楽しむ

前書きなど

〈あるアイヌのモノローグ〉僕らの集会に来るシャモを、逆に僕の方からも観察させてもらっています。そうすると、「アイヌに同情することによって、善人としての自己存在をアピールする場」を見つけたと考えて喜んでるシャモ(和人)が多いように感じます。アイヌが語る普通の生活話は退屈そうな顔をしてるくせに、差別話になると目が生き生きして身を乗り出す。そのシャモが何かすごいことをやってる満足感を得るためには、できるだけアイヌの生活や歴史は悲惨な方がやりがいがでてくるらしい。アイヌに対しては、いつまでも「自然保護」を叫ばせて「革命」を目指すことを押しつける。こんな人達に「共に生きよう」みたいに言われると気持ち悪くなってきます[本書より]

版元から一言

【書評】アイヌなんて嫌だと思ってた。アイヌに何のイメージもなかった。アイヌであることに誇りを持っている。北海道にいたときシャモ(和人)に差別された。差別はなかった。踊りもウポポ(歌)も好きだった。アイヌの文化に関心はなかった……。東京・中野にあるアイヌ料理店。そこに集うアイヌの人びとは多様だ。固定的なアイデンティティを首尾一貫して持っているわけではない。日々、揺らぎながら矛盾の中に生きている。言葉も歴史も知っている「プロフェッショナルアイヌ」になろうとして、空(むな)しさだけが残ったり、自分を「ときどきアイヌ」と規定したり。文化人類学専攻の大学院生だった著者は、この店でアルバイトをしながら、さまざまなアイヌの「生身」に出会う。同質的な「アイヌ性」はどこにもない。人間らしく、自分らしく生きたいと歩みを続けているのみ。その肉声が本の中で響き合い、同時代を生きるアイヌを知りたくなる。(草風館、2200円) 評・小倉紀蔵(韓国思想研究家) (2008年1月7日 読売新聞)

著者プロフィール

関口由彦  (セキグチヨシヒコ)  (

1977年、東京都に生まれる。
1999年、立教大学文学部史学科卒業
2005年、成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士課程単位取得退学(文化人類学)2007年、博士(文学)取得(成城大学)
現在、成城大学民俗学研究所研究員
論文 「『滅び行く人種』言説に抗する『同化』――1920~30年代のアイヌ言論人の抵抗」『国立民族学博物館研究報告』29(2)、2004。「新たなエスニシティ論へ向けて」『常民文化』(28)、2005

上記内容は本書刊行時のものです。