版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
台湾原住民文学選 第8巻 下村作次郎(編著) - 草風館
.
台湾原住民文学選

台湾原住民文学選 第8巻 原住民文化・文学言説集 1

発行:草風館
四六判
352ページ
上製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-88323-172-0
Cコード
C0097
一般 単行本 外国文学小説
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2006年11月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

台湾原住民文学の可能性の扉は開けることができるのか_
かつては日本語、つづいて漢語という押しつけられた文字符号という媒介がなければ、原住民文学の創作はどうなるのか。また原住民各族言語の深刻な流失現象という文学創造の危機のなかで原住民文学の可能性を探求する代表的論究。

目次

孫大川◎原住民の文化・歴史と心の世界の描写/山海文学/原住民文学の苦境/ペンでうたう
浦忠成◎原住民文学の発展過程におけるいくたびかの転換/なにが台湾原住民文学か
ワリス・ノカン◎台湾原住民文学の脱植民/台湾原住民文学から生態文化を再考する/現代台湾原住民族文学の新しい視野
リカラッ・アウー◎原住民文学創作と民族アイデンティティ
董恕明◎ロマンチックな帰郷者

版元から一言

台湾原住民自身の代表的言説。台湾原住民文学の可能性を探る

著者プロフィール

下村作次郎  (しもむら さくじろう)  (編著

1949年和歌山県新宮市生まれ。関西大学大学院博士課程修了。文学博士。天理大学国際文化学部教授。中国現代文学・台湾文学・台湾原住民文学。訳書に『悲情の山地 台湾原住民小説選』(田畑書店、一九九二)、『バナナボート』(JICC、1992)、『抗日霧社事件』(日本機関紙出版センター、2000)、本選集第一巻『名前を返せ モーナノン/トパス・タナピマ』(草風館、2002)がある。共著『よみがえる台湾文学』(東方書店、1995)、『台湾原住民族の現在』(草風館、2005)ほか。

上記内容は本書刊行時のものです。