版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
解剖生理学図鑑 アドルフ・ファッラー(著) - 産調出版
.

解剖生理学図鑑 ヒトのからだの全てが初心者でもわかる決定版!!

発行:産調出版
B6変型判
縦190mm 横128mm 厚さ34mm
重さ 1000g
848ページ
並製
定価 5,800円+税
ISBN
978-4-88282-864-8
Cコード
C3047
専門 単行本 医学・歯学・薬学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2013年1月
書店発売日
登録日
2012年12月26日
最終更新日
2013年1月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ドイツをはじめ、世界的に定評のあるファッラーの解剖学書の第15版邦訳。ファッラー医師の教え、「簡単なことから複雑なことへ」に従い、人体の構造と機能を簡潔に理論立てて説明している。見やすくわかりやすい豊富なカラー図版と工夫を凝らした構成で、初めての人にも解剖生理学がよくわかる。コンパクトなサイズながら内容は充実。細胞の生物学、遺伝と進化、組織、運動器、心臓と血管系、内分泌系、呼吸器系、消化器系、泌尿器系など16章に分け、各章の巻末には「要約」を設けている。骨格、血管系、神経系、体表がひとめでわかる大型カラーポスター4枚付き。看護師、理学療法士、薬剤師などのコメディカルのみならず、人体に興味のあるすべての人に最適な入門書。

目次

序文 大久保真人
改訂第15版によせて キール、ガブリエレ・シュンケ、ミヒャエル・シュンケ
1 細胞の生物学
 1.1 総論
 1.2 細胞の数、大きさ、形状、特性
  1.2.1 細胞の数、大きさ、形状/1.2.2 細胞の特性
 1.3 細胞と細胞小器官の構造
  1.3.1 基本構造/1.3.2 細胞膜/1.3.3 細胞質と細胞小器官/1.3.4 細胞核
 1.4 体細胞分裂(有糸分裂)
  1.4.1 有糸分裂のプロセス
 1.5 減数分裂(成熟分裂)
  1.5.1 第1減数分裂/1.5.2 第2減数分裂
 1.6 細胞と内外の物質代謝
  1.6.1 細胞外液の組成/1.6.2 細胞内液の組成
 1.7 細胞の膜電位(静止電位)
 1.8 物質輸送と液体輸送
  1.8.1 受動輸送のプロセス/1.8.2 能動輸送のプロセス
2 遺伝と進化
 2.1 遺伝学
  2.1.1 遺伝子、染色体、ゲノム/2.1.2 アリール(対立遺伝子)/2.1.3 優性、劣性、共優性/2.1.4 表現型と遺伝子型/2.1.5 メンデルの法則/2.1.6 常染色体優性遺伝/2.1.7 常染色体劣性遺伝/2.1.8 伴性遺伝/2.1.9 突然変異
 2.2 進化論
  2.2.1 進化論の発生/2.2.2 進化の要因/2.2.3 進化の証拠
3 組織
 3.1 総論
 3.2 上皮組織
  3.2.1 表面上皮/3.2.2 腺上皮と感覚上皮
 3.3 結合組織と支持組織
  3.3.1 結合組織
 3.3.2 支持組織
 3.4 筋組織
  3.4.1 平滑筋組織/3.4.2 横紋筋組織
 3.5 神経組織
  3.5.1 ニューロン(神経細胞)/3.5.2 神経インパルス(活動電位)/3.5.3 シナプス(神経連鎖)/3.5.4 グリア細胞(神経膠)/3.5.5 神経
4 運動器
 4.1 軸、平面、位置、方向を表す用語
  4.1.1 人体の軸と平面/4.1.2 位置と方向を表す用語
 4.2 運動器の解剖学総論
  4.2.1 骨/4.2.2 関節/4.2.3 骨格筋の機能と構造/4.2.4 筋腱/4.2.5 筋と腱の補助器官
 4.3 体幹の解剖学
  4.3.1 体幹の骨格/4.3.2 体幹の筋
 4.4 上肢の解剖学
  4.4.1 上肢帯─骨、関節、筋/4.4.2 自由上肢─骨、関節、筋
 4.5 下肢の解剖学
  4.5.1 下肢帯と骨盤─骨、関節、筋/4.5.2 自由下肢─骨、関節、筋
 4.6 頚部と頭部の解剖学
  4.6.1 頚部/4.6.2 頭部
5 心臓と血管系
 5.1 総論
 5.2 心臓
  5.2.1 心臓の形態と位置/5.2.2 心臓の構造/5.2.3 刺激伝導系/5.2.4 心臓の血管系/5.2.5 心臓の収縮と拡張/5.2.6 心拍出量/5.2.7 心臓の神経/5.2.8 心音と心雑音/5.2.9 心臓の静止電位と活動電位/5.2.10 心電図(ECG)/5.2.11 血圧/5.2.12 心臓の検査
5.3 血管系の構造と機能
  5.3.1 血管─動脈、静脈、毛細血管/5.3.2 リンパ管/5.3.3 大循環(体循環)と小循環(肺循環)/5.3.4 胎児循環/5.3.5 動脈系/5.3.6 静脈系
 5.4 血管系─物理的生理学的基本事項
  5.4.1 血管系内の血流、血圧、抵抗/5.4.2 心拍出量の配分/5.4.3 臓器の血流調節/5.4.4 血液循環と血圧の反射調節/5.4.5 毛細管内の血液循環/5.4.6 心臓への静脈還流
6 血液、免疫機構、リンパ臓器
 6.1 総論
 6.2 血液
  6.2.1 血液の役割/6.2.2 血球/6.2.3 血液型と輸血/6.2.4 血漿/6.2.5 赤血球沈降速度(ESR)/6.2.6 血中の酸素と二酸化炭素の運搬/6.2.7 貧血/6.2.8 赤血球産生調節/6.2.9 止血と血液凝固
 6.3 免疫機構
  6.3.1 非特異的免疫応答/6.3.2 特異的免疫応答
 6.4 リンパ器官(免疫臓器)
  6.4.1 胸腺/6.4.2 リンパ節/6.4.3 脾臓/6.4.4 粘膜のリンパ組織
7 内分泌系
 7.1 総論
 7.2 ホルモン
  7.2.1 ホルモンの作用機序/7.2.2 主なホルモンの産生器官/7.2.3 ホルモンの分泌調節機構
 7.3 視床下部─下垂体─フィードバック調節機構
 7.4 下垂体
  7.4.1 神経下垂体(下垂体後葉)/7.4.2 腺下垂体(下垂体前葉)
 7.5 松果体
 7.6 甲状腺
  7.6.1 甲状腺のC細胞/7.6.2 上皮小体(副甲状腺)
 7.7 副腎
  7.7.1 副腎皮質/7.7.2 副腎髄質
 7.8 膵臓
 7.9 生殖器
 7.10 ホルモンを産生するその他の組織と単一細胞
8 呼吸器系
 8.1 総論
 8.2 酸素が細胞に届く経路:外呼吸と内呼吸
 8.3 気体を誘導する呼吸器
  8.3.1 鼻腔と副鼻腔/8.3.2 咽頭/8.3.3 喉頭/8.3.4 気管と気管支
 8.4 胸腔と腹腔の漿膜と漿膜腔
 8.5 肺
  8.5.1 肺胸膜と肋骨胸膜/8.5.2 肺の表面構造/8.5.3 肺の内部構造
 8.6 肺換気
  8.6.1 肺気量と呼吸量/8.6.2 分時換気量/8.6.3 肺胞換気と死腔換気
 8.7 ガス交換と血液空気関門
  8.7.1 肺のガス交換/8.7.2 血液空気関門/8.7.3 酸素負債─酸素欠乏症、無酸素症/8.7.4 人工呼吸
 8.8 呼吸調節
  8.8.1 中枢性呼吸調節/8.8.2 化学性呼吸調節/8.8.3 非特異的呼吸刺激
 8.9 呼吸機構
  8.9.1 肺内圧/8.9.2 吸息/8.9.3 呼息/8.9.4 呼吸抵抗/8.9.5 呼吸運動/8.9.6 動的呼吸機能検査
9 消化器系
 9.1 総論
 9.2 物質代謝、エネルギー需要、栄養素
  9.2.1 物質代謝/9.2.2 エネルギー需要/9.2.3 栄養素/9.2.4 抗酸化物質(フリーラジカル中和物質)/9.2.5 植物性作用物質/9.2.6 繊維質
 9.3 消化器
  9.3.1 口腔/9.3.2 咽頭/9.3.3 食道/9.3.4 胃/9.3.5 小腸/9.3.6 大腸9.3.7 腹部臓器─腹膜の位置関係と腸間膜/9.3.8 膵臓/9.3.9 肝臓/9.3.10 胆嚢と胆管
9.4 消化プロセスの概要/9.4.1 脂肪の消化/9.4.2 炭水化物の消化/9.4.3 タンパク質の消化
10 泌尿器系
 10.1 総論/10.2 腎臓/10.2.1 腎臓の役割/10.2.2 腎臓の構造と機能の概要/10.2.3 腎臓の形状と位置/10.2.4 腎皮質と腎髄質/10.2.5 腎臓の血管/10.2.6 腎小体と尿フィルター/10.2.7 糸球体ろ過機構/10.2.8 尿細管と集合管/10.2.9 尿の組成
 10.3 排尿路
  10.3.1 腎盂/10.3.2 尿管/10.3.3 膀胱/10.3.4 尿道
11 生殖器
 11.1 生殖器の機能と構造
 11.2 男性の生殖器
  11.2.1 概要/11.2.2 精巣/11.2.3 精巣上体/11.2.4 精管/11.2.5 精嚢/11.2.6 前立腺/11.2.7 尿道球腺(カウパー腺)/11.2.8 射出精液の組成/11.2.9 不妊手術と去勢/11.2.10 男性の外生殖器/11.2.11 勃起/11.2.12 射精
 11.3 女性の生殖器
  11.3.1 概要/11.3.2 卵巣/11.3.3 月経周期/11.3.4 卵管/11.3.5 子宮/11.3.6 膣/11.3.7 女性の外生殖器/11.3.8 女性の乳房と乳腺
12 生殖、発生、出生
 12.1 総論
 12.2 生殖細胞
 12.3 受精
  12.3.1 性の決定
 12.4 卵管輸送と卵割
 12.5 着床と胎盤形成
  12.5.1 胎盤の構造/12.5.2 臍帯
 12.6 初期発生と胚発生
  12.6.1 胚葉の分化/12.6.2 形態形成
 12.7 胎生/12.7.1 成熟した胎児の特徴/12.7.2 妊娠期間と分娩予定日
 12.8 出産
  12.8.1 開口期/12.8.2 娩出期/12.8.3 後産期
 12.9 生後の成長
  12.9.1 身長/12.9.2 体重/12.9.3 身体の比率/12.9.4 骨格の成長/12.9.5 思春期
 12.10 解剖学的生物類型学
  12.10.1 痩せ形(細長型)/12.10.2 肥満型/12.10.3 筋骨型
13 中枢神経系と末梢神経系
 13.1 神経系の区分と役割
  13.1.1 神経系の区分/13.1.2 神経系の役割/13.2 神経系の発生
 13.3 中枢神経系(CNS)
  13.3.1 中枢神経系の発生と分化/13.3.2 脳/13.3.3 脊髄/13.3.4 錐体路/13.3.5 錐体外路運動系/13.3.6 下位運動ニューロンの損傷(弛緩性麻痺)/13.3.7 上位運動ニューロンの損傷(痙攣性麻痺)/13.3.8 脊髄反射/13.3.9 髄膜/13.3.10 脳脊髄と脳室系/13.3.11 脳への血液供給
 13.4 末梢神経系(PNS)
  13.4.1 末梢神経/13.4.2 神経節/13.4.3 脊髄神経/13.4.4 神経叢/13.4.5 脳神経
14 自律神経系
 14.1 自律神経系の機能と構造概要
  14.1.1 自律神経系の機能/14.1.2 自律神経系の構造概要
 14.2 交感神経系
  14.2.1 交感神経系の機能/14.2.2 交感神経系の構造/14.2.3 効果器のシナプス後受容体
 14.3 副交感神経系
  14.3.1 副交感神経系の機能/14.3.2 副交感神経系の構造/14.3.3 副交感神経頭部/14.3.4 副交感神経仙骨部
 14.4 腸壁内神経系
15 感覚器
 15.1 受容器と感覚細胞
 15.2 眼 
  15.2.1 眼球/15.2.2 視覚器/15.2.3 視覚路/15.2.4 副眼器
 15.3 耳
  15.3.1 聴覚器/15.3.2 平衡覚器
 15.4 味覚
 15.5 嗅覚
16 皮膚と付属器官
 16.1 総論
 16.2 皮膚と皮下組織
  16.2.1 皮膚の層16.2.2 皮膚の感覚器/16.2.3 皮膚の役割
 16.3 皮膚の付属器/16.3.1 皮脂腺/16.3.2 毛/16.3.3 爪
付 録
 略語
 測定値の単位と表記法
 外国語用語解説
 解剖学で使われる人名
 ラテン語索引
 和文索引
付属ポスター
 ヒトの骨格
 体表の起伏と触知可能な骨部
 体循環の重要な動脈と静脈
 末梢神経系

著者プロフィール

アドルフ・ファッラー  (Adolf Faller)  (

スイス・フリブール大学元教授。

ミヒャエル・シュンケ  (

キール大学解剖学科教授。

ガブリエル・シュンケ  (執筆協力

生物学科修士課程修了。

大久保眞人  (オオクボ マサト)  (日本語版監訳

1974年東京農工大大学院獣医学専攻家畜解剖学専修修了。農学修士(東京農工大学、1974年)、医学博士(東京医科大学、1981年)。東京女子医科大学解剖学教室第2講座を始めとして金沢医科大学第2解剖学教室、東京医科大学第1解剖学教室で人体解剖学の研究と教育に従事したのち、国際医療福祉大学保健医療学部所属で理学療法学科、視機能療法学科、薬学部薬学科の解剖学の教育を担当した。現在は帝京科学大学医療科学部に所属して東京柔道整復学科、東京理学療法学科、生命科学科臨床工学コースの解剖学の教育を担当している。

バンヘギ裕美子  (バンヘギ ユミコ)  (翻訳

独日医薬翻訳者。1991年よりスイス在住。家族全員のアレルギー体質改善のために、アロマセラピーなど各種代替療法を実践し、造詣が深い。訳書に『漢方生薬実用事典』『アロマ療法大全』『からだの構造と機能Ⅰ/Ⅱ』(いずれも産調出版)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。