版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
太田 龍未刊遺稿 西郷隆盛とイルミナティの秘密戦争 太田 龍(著/文) - 成甲書房
..

太田 龍未刊遺稿 西郷隆盛とイルミナティの秘密戦争 「日本殺し」の真犯人を見つけた!

発行:成甲書房
縦190mm 横130mm
304ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784880863665
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年2月1日
最終更新日
2018年2月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

西洋の悪霊に操られ、夜郎自大な「大日本帝国」という亡霊に取り憑かれた独裁政権が跋扈する今、日本上空では「破邪顕正」の〝太田龍星〟が、逝去から九年ぶりに燦然と輝き、鋭い眼光で睨みを利かせている。今こそ、維新百五十年の「悲劇」を「希望」に転換する「春」と確信して、本書を心ある読書人に捧げたい。

西郷どんは見抜いていた!西洋の邪悪な正体を・・・・
日本民族の伝統文化、伝統文明を壊滅、抹殺、殺害したのは孝明天皇弑逆犯の一味、岩倉具視ら国賊が捏ち上げた「ニセモノ日本国家明治政権」である。いかなる目的をもってこの連中は破壊活動に狂奔したのか。それは「日本的なるもの」を抹殺破壊して日本を西洋化し、日本を西洋イルミナティ・サタニスト世界権力に売り渡すためだった!

目次

[第一章]西郷南洲という強烈な思想と精神
[第二章]世界帝国・中国は野蛮な西洋に自壊させられた
[第三章]西郷隆盛も気づかなかった「秘密の帝国」
[第四章]歴史の偽造―欺瞞・秘密に包まれた明治天皇
[第五章]「敬天愛人」の西郷隆盛は最後の縄文人
[第六章]慈愛で導く「西郷の文明観」はなぜ敗北したか
[第七章]明治維新とはフリーメーソン革命だった
[第八章]「西郷南洲精神」を今こそ継承・発展させよ
[特別掲載]太田龍・日本義塾講義録「 西郷南洲精神を現代に継承発展させるための決定的な『環』」
[あとがき]憂国士魂の士・太田龍について
[太田龍 著書・共著書一覧]

著者プロフィール

太田 龍  (オオタリュウ)  (著/文

昭和5年(1930)、樺太生まれ。東京理科大中退。独学でマルクス、ヘーゲル、アダム・スミス、ギリシャ哲学などを学び、昭和20年(1945)10月、青年共産同盟に加盟、昭和22年日本共産党入党。昭和27年4月、日本共産党脱党。その打倒を公然と呼びかけ、第4インターナショナル日本支部結成のために活動する。昭和42年(1967)、マルクス主義と絶縁して第4インター離党、「辺境最深部に向って退却せよ」を提唱。その後はエコロ ジー運動へ、さらに食の革命(たべもの学)、家畜制度全廃を土台とする日本原住民史、世界原住民史、天寿学体系構築に着手する。また、ユダヤ・フリーメーソンを中心とした闇の巨大勢力による、全人類を世界人間牧場に収監しようとする新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を看破して警鐘の乱打をつづける。同時に、天寿学会、文明批評学会、歴史修正研究所、週刊日本新聞、日本義塾を主宰する。また、平成4年以降海外の文献を渉猟し、ジョン・コールマン博士、ユースタス・マリンズ、デーヴィッド・アイクなどの著作を監訳するなど貴重文献の紹介にも精力的であった。平成21年5月逝去。享年78。

上記内容は本書刊行時のものです。