版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
海の建築 畔柳 昭雄(著) - 水曜社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|協和|鍬谷|日教販|JRC|全官報
直接取引: あり
返品の考え方: 随時返品入帖可。返品了解書=佐藤了解済

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784880655185

海の建築

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:水曜社
A5判
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-88065-518-5   COPY
ISBN 13
9784880655185   COPY
ISBN 10h
4-88065-518-X   COPY
ISBN 10
488065518X   COPY
出版者記号
88065   COPY
Cコード
C0052  
0:一般 0:単行本 52:建築
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年12月3日
書店発売日
登録日
2021年10月22日
最終更新日
2022年3月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

海から来る。海へ帰る。
固定から移動へ、不動から可動へ。
海に呼ばれ、海にこたえた建築の意味の歴史。

 日本には、海の上に祀(まつ)られる神社が多い、それはなぜなのか? 海を隔てた南方からの文化が、海によって運び込まれてきており沖縄や奄美をはじめとした沿岸各地では特に、海なくしてはあり得なかった信仰が生まれている。
 信仰の建物だけではない、コルビュジェやライト、丹下健三や菊竹清訓ら海上都市に未来を見ていた建築家は、枚挙にいとまがない。日本のみならず、世界中で多くの建築家が夢見て試行してきた海上建築は、どのような姿なのか。
 建築家ばかりではない、バナキュラー(その土地固有の風土に沿った)建築としての水上居住は、世界中に見られるひととまちとみずの親和からなる“生活文化”そのものでもある。
 著者はわが国海洋建築研究の第一人者。海と関わる建築が「何のために」「どうつくられてきたのか」を、歴史的・技術的・思想的な経緯を振り返りつつ、建築は陸上という固定観念を打ち破る。

目次

第1章 海と建築と船の関係性
1-1海流が運んだ建築文化, 1-2陸に上がった船, 1-3船から建築へ

第2章 船に魅せられた建築家たち
2-1刳舟から構造船へ, 2-2建築家と船, 2-3コンクリートで船をつくる

第3章 清盛と海と建築
3-1海と厳島神社, 3-2厳島信仰と神社の創建, 3-3平清盛の大造営, 3-4福原の築島

第4章 なぜ海に建てられるのか
4-1海の上の建築, 4-2土地がない, 4-3海の上に建てたい, 4-4土地が海に沈んだ, 4-5軟弱な地盤, 4-6博覧会の開催, 4-7戦争時の海軍軍事施設, 4-8浮かぶ人工海水浴場

第5章 海と陸との関係性を示すもの
5-1海岸線と汀線, 5-2海抜・標高・日本水準原点, 5-3験潮場と検潮所

第6章 建築家が描いた夢・海上都市
6-1海の上をどう使うか, 6-2東京湾に描かれた海上都市構想, 6-3大高正人の東京湾海上帯状都市構想, 6-4東大・丹下健三研究室の「東京計画1960」, 6-5菊竹清訓の「東京湾計画1961」

おわりに 浮かぶ建築の追求, 海と建築の関係を振り返ると

著者プロフィール

畔柳 昭雄  (クロヤナギ アキオ)  (

日本大学理工学部海洋建築工学科特任教授。工学博士。1952年三重県生まれ。日本大学理工学部建築学科卒業、同大学院理工学研究科建築学専攻博士課程修了。著書に『アジアの水辺空間』(共著、鹿島出版会、1999、日本沿岸域学会出版文化賞)、『海水浴と日本人』(中央公論新社、2010)等がある。作品に「マダガスカル民主共和国アンダシベ村ペリネ保護区ビジターセンター」(1993年日本トイレ協会グッドトイレ10特別賞)、「アルミ海の家Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」(2006年イタリア・アルミ構造物国際賞)、「組木茶室一瞬亭」(2015年東京デザイナーズウィークAsiaAward企業賞)など。

上記内容は本書刊行時のものです。