版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
島を出る 上江洲 儀正(著) - 水曜社
.
詳細画像 0

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|協和|鍬谷|日教販|JRC|全官報
直接取引: あり
返品の考え方: 随時返品入帖可。返品了解書=佐藤了解済

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784880655154

島を出る ハンセン病回復者 宮良正吉の旅路

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:水曜社
A5判
240ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-88065-515-4   COPY
ISBN 13
9784880655154   COPY
ISBN 10h
4-88065-515-5   COPY
ISBN 10
4880655155   COPY
出版者記号
88065   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年10月21日
書店発売日
登録日
2021年8月20日
最終更新日
2021年10月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

10歳の少年は、兄に連れられて故郷の石垣島を出た。
病気がなおればすぐに帰れると思っていた。
長い旅のはじまりだった。

1956(昭和31)年、島を出た宮良正吉(みやらせいきち)は現在76歳。大阪で暮らし、ハンセン病関西退所者原告団「いちょうの会」の会長である。いまだにやまないハンセン病への差別・偏見の解消をめざし、回復者の語り部として各地で自身の体験を伝えている。

ハンセン病の歴史は悲惨である。患者はらい病と呼ばれて差別され村の外へ追いやられ、隔離された。療養所内では男性に断種手術を施し、妊娠した女性には堕胎を強要した。
「この病気は死んだら喜ばれる」……。

回復した正吉は大阪の印刷会社で働いた。社会は荒波だった。恋人ができた。プロポーズの時に回復者だと打ち明けた。「それがどうしたの?」。その言葉にあたらしいふるさとができた。ふたりの子どもに恵まれた。娘に元患者だったと告白してから5 年後、新聞記事で公にカミングアウトし、ハンセン病語り部の道を歩みだした。

本書はロングインタビューの積み重ねにより、ひとりのハンセン病患者の半生を「生の声をできるだけ生のまま」「わたし(著者)自身に教えるように」ハンセン病問題の歴史をかさねあわせて書かれた「長い旅」、その現在進行形の経過報告でもある。

*宮良 正吉(みやら・せいきち)
1945年7月沖縄県石垣町に生まれる。小学4年身体検査でハンセン病罹患が判明。翌年、沖縄本島のハンセン病療養所愛楽園に収容のため島を出る。1961年患者専用列車で高校入学。1965年高校卒業後大阪で就職。2001年らい予防法違憲国家賠償請求訴訟原告団に加わる。2008年はじめて自身の体験を語りはじめる。

目次

1章 長い「旅」のはじまり
2章「選ばれた島」にて
3章 愛楽園「脱出」
4章「希望」の新良田教室
5章「社会」へ
6章 溢れ出る……
7章 カミングアウト
8章 退所者の孤立
9章 バラバラになった家族
10章 ふるさと

著者プロフィール

上江洲 儀正  (ウエズ ヨシマサ)  (

1952年石垣島生まれ。高卒後東京で新聞配達などをしながら夜間大学に通い、雑誌専門図書館「大宅壮一文庫」に入社。1986年島に帰り翌年「日本や沖縄とはひとくくりにできない八重山の姿を伝える」と日本最南端の出版社南山舎を創業。『竹富方言辞典』で菊池寛賞を受賞。「月刊やいま」は創刊30年を迎える。

上記内容は本書刊行時のものです。