版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
イタリアの小さな町 暮らしと風景 井口 勝文(著) - 水曜社
.

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|協和|鍬谷|日教販|JRC|全官報
直接取引: あり
返品の考え方: 随時返品入帖可。返品了解書=佐藤了解済

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784880654942

イタリアの小さな町 暮らしと風景 地方が元気になるまちづくり

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:水曜社
A5判
304ページ
価格 2,700円+税
ISBN
978-4-88065-494-2   COPY
ISBN 13
9784880654942   COPY
ISBN 10h
4-88065-494-9   COPY
ISBN 10
4880654949   COPY
出版者記号
88065   COPY
Cコード
C0051  
0:一般 0:単行本 51:土木
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月29日
書店発売日
登録日
2020年10月23日
最終更新日
2022年2月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

イタリアに魅入られた、日本人夫婦。

人口1,400人の小さな町・メルカテッロに、築530年を経た廃屋同然の古家(ふるや)を買って移り住み、16年かけてリフォーム。年に半分はイタリア暮らし ー 町に溶けこんでいまや名誉市民。

 イタリアは「都市の国」と言われながら、山奥の人口1,400人の小さな町に住んでみると、ライフスタイルも生活の価値観もミラノなど大都市と変わらない。どこにでもある小さな町、だが日本人の私たち夫婦にしてみれば、驚くほど豊かで、なんともしたたかな生活なのだろう。日本もずいぶん豊かになっているけれど、この町で暮らしてみるとあらためて、本当の“ゆたかさ”を考えてしまう。

 グローバリズム、大都市集中、地方の疲弊、日本と同じような先進工業国の課題をイタリアも背負っている。彼らはどのようにして、この豊かさを守っているのだろうか?

 コムーネ(イタリアの自治体の最小単位の組織=基礎自治体=日本の市町村)暮らしで考える“ゆたかな”まちづくり。

目次

まえがき
  
第1章 メルカテッロの生活

1 メルカテッロとの出会い
イタリア都市の転換点でメルカテッロに出会う
我々はどのようなライフスタイルが欲しいのか
メルカテッロに何を学ぶのか   
〈インタビュー①〉マリオ・サッキ(元郵便局員、Uターンの常連)
「トラウマだね、メルカテッロから離れられないんだ」

2 美しい風景
田園の風景  
都市の風景  
広場の風景  
新しい市街地の風景
〈インタビュー②〉エウロージア・ラッツアーリ(町に一軒のペンショーネのオーナー)
「ローザンヌのことは、本当に素晴らしかった」

3 食べる楽しみ
おふくろの味  
みんなで食べる   
地産地消だけでは納まらない肉、野菜、チーズ   
地元では賄えないヴィーノ(ワイン)とオリーブ
〈インタビュー③〉ジャンニ・バッティスタ・マルケッティ(愛飲家、呼び名はピンソ)
「塵ひとつない貯蔵庫だった。だからそこのヴィーノを飲むことにした」

4 みんながつながる場所
バール(BAR) 
広場
教会
〈インタビュー④〉シスト・パッリアルディーニ(元ブラスバンドの楽団長)  
「あって当たり前、ということかな、町のバンドは」

5 みんなで支えるコミュニティ
商店街
市場
クラブ活動
夏のイヴェント
 〈インタビュー⑤〉ニコレッタ・アミチーツィア(若くて元気な国際派の町会議員)  
「今のところ、人生順調ってとこかな」

6 町の必需品、文化と福祉
文化会館・郷土史美術館・パラッツォ(お屋敷)
学校・病院・介護老人保健施設・墓地・ヘリポート
〈インタビュー⑥〉アンナ・マリア・ベネデッティ(ベネデッティ家当主、美術史家)  
「父は私の生きる目標でした。今でもそうです」

7 グローバル社会の地域経済
イタリアの地域経済と日本の地域経済は似て非なるもの
農業、畜産業、林業
観光業―アグリトゥリズモとカントリーハウス、そしてB&B
製造業、商業、サービス業
町役場、銀行、保険会社、経理事務所
不動産業
建設業
水力発電所
〈インタビュー⑦〉ファウスト・ボネッリ(MCE社長、チームグループマネージャー)
「食べる事にも美味しいワインにも興味がない。僕には仕事だけだ」

8 メルカテッロ・スル・メタウロの歴史
〈インタビュー⑧〉ピエールパオロ・ゴストリ(ドクター)
「パラッツォを買ったのは失敗だったよ」

9 風景と郷土愛
人間の尊厳
メルカテッロの豊かで幸せな生活を支えているもの  
豊かで幸せな生活は安泰ではない
自分たちの生活を誇りに思う生活
〈インタビュー⑨〉リッカルド・ジョルジョーネ(ファレニャーメ・家具、建具職人)  
「川沿いの小屋の中で家具修繕を手伝った。それが忘れられなかった」

第2章 眠りを覚ましたメルカテッロ

1 戦後の復興、奇跡の経済成長を果たしたイタリアと日本
基礎自治体の人口規模  
イタリアは小都市分散の国  
イタリアは過疎村、限界集落の先進国
チェントロ(中心市街地)の拡大と人口の推移  
戦後の経済成長と都市化の歩み
旧市街(チェントロ・ストーリコ)の衰退と新市街の拡大
モダニズムの路線を変えなかった日本の都市政策
〈インタビュー⑩〉ロレンツォ・パチーフィコ・ヴィニーチォ・グエッラ(呼び名はパッチョ、バリスタ、バールの主人)  
「パオロが居なかったら、今のメルカテッロはなかったね」

2 戦後システムの再構築に舵を切ったイタリア
イタリアにおける新しい都市政策の始まり
景観計画と地方分権  
眠りを覚ましたメルカテッロ
メルカテッロの都市基本計画  
メルカテッロの財政
メルカテッロに学ぶものがあるか、改めて考える  
〈インタビュー⑪〉ヴィレルマ・パッリアルディーニ・イン・チンチッラ(二人の男の子を育てたお母さん)
「母親がしっかりしていたら、子供はほっといても育つのよ」

3 メルカテッロの町家再生
旧市街は地区詳細計画で守られている
メルカテッロで手に入れた家はいつ頃のものか?
類型学のデザインー歴史と対話することの悦び
石積みであってもメンテナンスは欠かせない
工事は三回に分けて、十六年。何とか一応の完成にこぎつけた
修復デザインと建築家のアイデンティティ、豊かな建築
〈インタビュー⑫〉アドレアーノ・グエッラ(ムラトーレ、あだ名はヴォルペ=狐)  
「いい家だろう。自分で建てたんだ」

註、参考文献
あとがき

著者プロフィール

井口 勝文  (イノクチ ヨシフミ)  (

1941年福岡県朝倉市生まれ。建築家。博士(工学)。イタリア・メルカッテロ名誉市民。九州大学卒業。フィレンツェ大学に研究留学(イタリア政府給付留学)。
(株)竹中工務店、ジャンカルロ・デ・カルロ都市建築設計事務所、(株)環境開発研究所を経て、2000年京都造形大学(現京都芸術大学)教授、INOPLΛS都市建築デザイン研究所設立。専門は都市デザイン、建築設計。著書に「都市のデザイン〈きわだつからおさまるへ〉」「都市環境デザイン」「フィレンツェの秋」「メルカテッロの暮らし」「Mercatello:il Miracolo」など(いずれも共著)

上記内容は本書刊行時のものです。