版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
江戸人の教養 塩村 耕(著) - 水曜社
.

江戸人の教養 生きた、見た、書いた。

発行:水曜社
A5判
232ページ
並製
定価 2,000円+税
ISBN
978-4-88065-484-3
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年7月22日
書店発売日
登録日
2020年3月6日
最終更新日
2020年7月30日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2020-10-03 日本経済新聞  朝刊

重版情報

2刷 出来予定日: 2020-10-08

紹介

江戸時代の人々の暮らしを西鶴や珍本・奇本・稀覯本から読み解く

古書ミュージアムとして有名な三河・岩瀬文庫収蔵の8 万1 千冊と著者収集の稀覯本などの古典籍から約150 点を選り抜き。江戸時代に生きた人々の考え方、娯楽、健康、生活、風俗を紹介。貴重かつ数々の珍奇な資料に秘められた江戸人の人生模様とは。

目次

古書大国、日本

1章 義と理あらばこそ
名を好む心は学問の大義なり/正しい忖度/苦労も精神を荒らさない/中根東里の足跡を辿る/逆境、楽しむべし/倦むことなかれ/徳本上人の教え/網元の一代記/家族の手紙/芝翫贔屓

2章 奇談・笑話
恥をかく話/秀逸な怪談/さらに秀逸な怪談/寿命貝の伝説/旅僧の語り/ロクロ首の見世物/古い笑話の味/異世界に住む子ども観/『徒然草』と江戸笑話/屁文学の最高峰

3章 士道覚悟
幼な子を思いやる父の心/簡素極めた吸い物料理/新井白石の冗談/首斬り役の家/指手水/扇の作法、贔屓の情/知恵は肉体のどこに宿るのか/主殺しと縁坐/塵は山にならない

4章 西鶴の視線
見苦しきほどねんごろ/生類憐れみの令と文学/旅嫌い? 西鶴/人間と見栄/立腹考/心中立て/美少女による主殺し/枕並べた男に生き写し/色の道は永遠/芭蕉の奇短冊

5章 健養・保寿
江戸の金山寺味噌/本当の茶漬け/水雑炊/復元してみたい料理、したくない料理/名医の養生訓/塩水を鼻から飲めば……/著者が将軍上覧になった喜び/貝原益軒の農書/老人も二食で三合

6章 記録の愉楽
木曽山中の作業絵図/京都の地誌を網羅/安政地震の体験記/お相撲論/銭湯業界の広報本/江戸時代の職業別電話帳/カカシの原形/町内の雑用役の記録/金を隠しに墓に通うスリ

終章 岩瀬文庫のあとさき
江戸初期の黒船/人は走らなかった!/「女よけ」伝授の刷り物/蔵版書の意義/明治の遊戯解説書/少年事件への配慮/書物の敵/俗語の妙味/岩瀬弥助と古書店

あとがき(古書世界の旅) 書名索引・人名索引

前書きなど

書物とは、時空を超えて何かを伝える道具だ。とりわけ時を超える機能が重要で、そのおかげで人は死者の声を聞くことができ、さればこそ人類の文明は発展してきた。ありがたいことに、日本は大量の古典籍(ここでは明治維新以前に作られた書物をいう)を保有する古書大国だ。その大部分は江戸時代に作られたもので、二百年以上続いた平和で文化的な時代と、高い識字率のおかげで、世界に誇るべき多彩な文化遺産の山が残された。

それだけではない。古人の筆蹟(ひつせき)を珍重する日本人特有の美徳は、膨大な肉筆資料をも保存させた。特に第三者の目を意識しない書簡は重要で、より直接に古人の人間性に迫る重要な資料となっている。ところが、せっかくの宝物が十分に活用されていない。最大の理由は、書物や文書(もんじよ)の多くが、くずし字で書かれていることだろうが、どのような資料が存在するのか、簡単には情報を把握しにくい点も、その一因となっている。

私はこの十七年間、日本有数の古書の宝庫、西尾市岩瀬文庫の全調査と書誌データベースの作成に打ち込んできた。詳細な書誌、つまり書物の形態や内容、成立や伝来などについての情報を共有することが、古典籍の活用と保存につながると信じているからだ。嬉うれしいことに、記述的な書誌データベースは、各地で徐々に増えつつある。また、この数年、古典籍の画像データベースが急速に進展し、国会図書館や国文学研究資料館をはじめとする図書館から、古書の精細な画像がネット上で公開されている。早稲田大学図書館が提供してくれる書簡資料群の画像は、驚異的な豊かさだ。

これらを契機として、古書や古文書の世界に直接親しむ人が増えれば、文化の質が変わる可能性がある。そんな風に、古書をめぐる状況が変化しつつあるいま、岩瀬文庫や古書店を通して知った珍奇な資料たち、あるいは本業の古典文学の中から、思いつくままに話題を取り上げ、古書世界の入り口を少しだけ広げてみたい。
*本書まえがき:「古書大国、日本」より。

著者プロフィール

塩村 耕  (シオムラ コウ)  (

名古屋大学大学院人文学研究科教授(日本文学)。1957年兵庫県生まれ。東京大学文学部国文学専修過程卒。専門は井原西鶴を中心とした近世前期文学、書物文化史など。2000年より岩瀬文庫の書誌データベース作りに没頭、2010年11月より「古典籍書誌データベース」のインターネット公開を開始。編著書に『三河に岩瀬文庫あり:図書館の原点を考える』など。

上記内容は本書刊行時のものです。