版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
障害者と表現活動 川井田 祥子(著) - 水曜社
.

障害者と表現活動 自己肯定と承認の場をはぐくむ

発行:水曜社
A5判
176ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-88065-482-9
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月25日
書店発売日
登録日
2020年2月10日
最終更新日
2020年6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

表現活動を通じて、自らの価値を発見し、他者と社会から承認を得ることによって
“ 生きる場 ”を取りもどす

イギリスの障害者運動の歴史、東京五輪・パラリンピックがモデルとするロンドン2012のアンリミテッド・プロジェクトをふり返り、社会的排除が社会問題として注目される世界的動向や背景を考察。
経済的価値のみならず、新しい社会的価値を創出する途を示す。

目次

はじめに

第1章 社会的排除の克服に求められる“ 承認” と“ セルフエスティーム”
1.社会政策に求められる承認
2.社会的排除/包摂と就労、承認の関係
3.セルフエスティームとwell-being
4.社会連帯経済という選択肢
5.イタリアの社会的協同組合
6.イタリアの精神医療改革と演劇
7.創造都市ボローニャと演劇
8.アルテ・エ・サルーテ劇団の実践
9.プロセスをともに経験することから

第2章 アンリミテッドとイギリスの障害者アート・ムーブメント
1.イギリスの文化政策の転換
2.ロンドン五輪文化プログラムへの期待
3.アンリミテッドとは
4.ロンドン五輪後のアンリミテッドの展開
5.障害観の転換をめざすシェイプ
6.芸術家を支えるアーツアドミン
7.ロンドン五輪で何を伝えるのか
8.イギリスにおける障害者運動と障害者アート・ムーブメント
9.公的支援が行われるようになった背景

第3章 福祉well-being に必要な表現活動
1.社会政策が変遷していった背景
2.ケインズの構想した社会
3.創造的な定常期への移行を
4.労働観の変遷
5.近代の労働が生み出した“ 障害者”
6.日本における70 年代以降の社会保障の変化
7.日本の障害者雇用政策のあゆみ
8.自己に対する肯定的な感覚こそ
9.一人ひとりの潜在能力を発揮する契機となる表現活動:片山工房(神戸市)
・障害者との出会いがもたらしたもの
・表現活動は能動的になれるツール
・「待つ」ことからのはじまり
・なんのための表現か

第4章 文化基盤型社会的企業を志向する福祉施設の取り組み
1.社会的企業とは
2.存在の肯定がもたらす仕事:カプカプ(横浜市)
・“ ザツゼン” によって伝えたいこと
・関係を変え「働く」を問い直す装置
・地域にひらく意味
・さまざまに表現できる豊かさを
・生きづらさは誰にでもあるからこそ
3.働くことは他者に喜んでもらえる権利:アートセンター画楽(高知市)
・健常者文明を問い直す
・デザインと福祉に共通するもの
・労働は価値創造があってこそ
・支援とは何か
・愉快な交流がひらく可能性
4.一人ひとりの個性を発酵させる仕事:ぬか つくるとこ(岡山県都窪郡)
・成功も失敗もできる場所をめざして
・既存の福祉からの脱却をめざして
・視点を変えて仕事を創出
・スタッフも仕事を楽しめる施設に
・子どもにも必要な居場所
5.仕事とは人や社会に対して働きかけること:スウィング(京都市)
・“ まとも” からの解放
・表現の枠を広げる
・働くことの目的はひとつではない
・失敗する権利の保障
6.文化基盤型社会的企業とwell-being

第5章 誰もが承認を得られる包摂型社会を
1.アンリミテッドが構想された背景と今後
2.日本の近年の動向
3.文化政策の深化によって包摂型社会への移行を

おわりに

著者プロフィール

川井田 祥子  (カワイダ サチコ)  (

鳥取大学地域学部教授。大阪市立大学大学院創造都市 研究科博士(後期)課程修了・博士(創造都市)。文化経済学会〈日本〉理事、日本文化政策学会理事。大阪市立大学都市研究プラザ特任講師などを経て現職。NPO法人都市文化創造機構の理事・事務局長も務め・(2007~2018年)創造都市・創造農村をめざす自治体やNPO等のプラットフォームとなる「創造都市ネットワーク日本(CCNJ)」設立にも携わった。著書に『障害者の芸術表現』(水曜社)『創造農村』(学芸出版社、共編著)など

上記内容は本書刊行時のものです。