版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
アートプロジェクトのピアレビュー 熊倉 純子(監修) - 水曜社
.

アートプロジェクトのピアレビュー 対話と支え合いの評価手法

発行:水曜社
A5判
128ページ
並製
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-88065-481-2
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月17日
書店発売日
登録日
2019年12月26日
最終更新日
2020年6月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 日本各地で開催されている芸術祭やアートプロジェクト。
「アートが社会と結びつくことで地域に貢献できるのではないか」と、多くの自治体が取り組むようになりました。

 しかし、行政が求める「効果」は誰の目にもわかるものになりがちで、アートプロジェクトの現場は、ついつい「スポンサーを喜ばせるための評価」を行ってしまいます。そして、そんな評価では活動本来の価値が伝わらないというジレンマは、アートの現場に「評価疲れ」を引き起こしてしまいます。

 こうした現状に対して、本書は、「アートの現場が、自身の強みを知るための評価手法」として「ピアレビュー」を提案するものです。ピアとは、理解しあえる同業他者。外部の仲間の視点を借りて、お互いを「映し鏡」に評価しあうのが「ピアレビュー」です。本書では、6つのアートプロジェクトが実際にピアレビューにチャレンジ!ピアを選ぶところから始まるプロセスをわかりやすく紹介し、レビューの結果を図表やマンガ、座談会など、いろいろな形で説明しています。

 「ピアレビューってなに?」という問いに具体的に答える本書は、さらに、「ロジックモデル」と「社会的インパクト評価」など、他の評価方法を概説する専門家の寄稿も加えて、文化事業の評価全般の入門書となっています。

目次

はじめに アートの現場を幸せにする評価とは?
 熊倉純子(東京藝術大学大学院国際創造研究科)

ピアレビューをはじめよう!
ピアレビューのすすめ
 若林朋子(プロジェクトコーディネーター/立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)

[CASE1]取手アートプロジェクト×應典院
 拠点を開き、さまざまな関わり方を支えるには?
 [STORY]はじめてのピアレビュー〈取手アートプロジェクト編〉(マンガ・石山さやか)
 [ESSAY]社会に向けたプロジェクトであることを再認識するために
 羽原康恵(取手アートプロジェクト実施本部事務局長)
 [ESSAY]他者との対話を通じてケアされ、エンパワメントされていく出会い
 秋田光軌(浄土宗應典院主幹)

[CASE2]谷中のおかって×芸術家と子どもたち
 アーティストと子どもの関わり方、場のつくり方を探る
 [COMPARISON]体制の比較/相互視察
 [TALK]座談会・子どもたちの未来を考えるピアレビュー
 竹丸草子(NPO法人芸術家と子どもたちアドバイザー)
 渡邉梨恵子(一般社団法人谷中のおかって代表)大西健太郎(一般社団法人谷中のおかってスタッフ)
 [ESSAY]プロジェクトの熟成のための、信頼できる他者の存在 渡邉梨恵子 
 [ESSAY]変化を内包する評価 竹丸草子

[CASE3]アートアクセスあだち 音まち千住の縁×TERATOTERA
 サポーターの比較検証からプロジェクトを見直す
 [COMPARISON]さまざまな角度からサポーターを比較
 [ESSAY]原動力としてのサポーターの存在を見直す機会に
 吉田武司 (アートアクセスあだち 音まち千住の縁ディレクター)
 長尾聡子 (アートアクセスあだち 音まち千住の縁事務局長)
 [ESSAY]ピアレビューで、少し軽くなった心と体
 高村瑞世(TERATOTERA事務局長)

ピアレビューの可能性とは
 評価論におけるアートプロジェクトのピアレビューの位置づけ
 源由理子(明治大学教授)
 [COLUMN]目標を定め、達成するための手法「ロジックモデル」
 社会的インパクト評価の方法論として
 槇原彩(東京藝術大学大学院音楽研究科音楽文化学専攻芸術環境創造博士後期課程)

おわりに 見えない価値を可視化する
 熊倉純子

&Geidaiピアレビューの歩み

ピアレビューを実践してみよう!

著者プロフィール

熊倉 純子  (クマクラ スミコ)  (監修

東京藝術大学大学院国際芸術創造研究科研究科長。パリ第十大学卒、慶應義塾大学院修了(美学・美術史)。企業メセナ協議会を経て、2002年より東京藝術大学音楽環境創造科で教鞭をとる。アートマネジメントの専門人材を育成し、アートと市民社会の関係を模索、文化政策を提案する。著書に『アートプロジェクト:芸術と共創する社会』(監修/水曜社、2014)『〈地元〉の文化力:地域の未来のつくりかた』(共著:苅谷剛彦、河出書房新社、2014)など

上記内容は本書刊行時のものです。