版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
映画がなければ生きていけない 2016-2018 十河 進(著) - 水曜社
.

映画がなければ生きていけない 2016-2018

発行:水曜社
A5判
564ページ
並製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-88065-454-6
Cコード
C0074
一般 単行本 演劇・映画
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2018年12月18日
書店発売日
登録日
2018年11月12日
最終更新日
2018年12月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

ハードボイルドに魅せられた男たちと映画に魅せられた男たちに贈る、映画コラム。
好評シリーズ第6弾!

愛のむきだし/夏の終わり/阿修羅のごとく/細雪/新幹線代爆破/ベルリン・天使の詩/ツィゴイネルワイゼン/舟を編む/十三人の刺客/泥の河/父親たちの星条旗/硫黄島からの手紙/グラン・トリノ/鎌田行進曲/ストックホルムでワルツを/櫻の園/海街Diary/けんかえれじい/ヒミズ/ヒマラヤ杉に降る雪/ショーンシャンクの空に/ロンゲストヤード/ディアハンター/ラ・ラ・ランド/セーラー服と機関銃/ご法度/アウトレイジ/のぼうの城 ほか、珠玉の全134コラム

著者プロフィール

十河 進  (ソゴウ ススム)  (

1951年香川県高松市生まれ。中央大学フランス文学専攻を卒業後、株式会社玄光社に入社し、八ミリ専門誌「小型映画」編集部に配属される。当時、大学生の大森一樹氏、森田芳光氏などが編集部に出入りしていた。その後、ビデオムービー専門誌「ビバ・ビデオ」編集長、広告専門誌「コマーシャル・フォト」副編集長、デジタルデザイン誌「デジタルグラフィ」編集長、カメラ誌「フォトテクニック」編集長などを経て、管理部門に異動し常務取締役。2014年に退任。
1999年よりメールマガジン「日刊デジタルクリエイターズ」に週一回、コラム「映画と夜と音楽と...」を連載。2006年末に七年分のコラムを二巻にまとめた「映画がなければ生きていけない1999-2002/2003-2006」(水曜社刊)を刊行。第25回日本冒険小説協会特別賞「最優秀映画コラム賞」を受賞。内藤陳会長に「読まずに死ねるか」と絶賛される。
大沢在昌氏と「ハードボイルドがなければ生きていけない」と題し「小説宝石」誌で対談したり、大沢在昌氏著「天使の爪」(角川文庫)、矢作俊彦氏著「マンハッタン・オプ3」(ソフトバンク文庫)、香納諒一氏著「梟の拳」(徳間文庫)の解説を書くなどハードボイルド・ミステリにも造詣が深く、2016年には自らも「キャパの遺言」で第62回江戸川乱歩賞候補となる。

上記内容は本書刊行時のものです。