版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
出版の冒険者たち。 植田 康夫(著) - 水曜社
.

出版の冒険者たち。 活字を愛した者たちのドラマ

発行:水曜社
四六判
336ページ
並製
価格 2,200円+税
ISBN
978-4-88065-380-8
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年3月
書店発売日
登録日
2016年2月1日
最終更新日
2016年3月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-04-22 週刊読書人
評者: 紅野謙介=日本大学教授・近代日本文学専攻
2016-03-20 東京新聞/中日新聞

紹介

本と雑誌。活字を愛した者たちのドラマ。

「ズッコケ三人組」シリーズヒットの秘密とは。
故宮で見た一枚の古画をきっかけに出版社を創設。
最初は否定された学年別雑誌、成功までの道のり。
予約申込三万部、諸橋『大漢和辞典』編纂の苦労とは。
神保町での書店開業から大槻『大言海』まで。
銀座の事務所と命がけの商品テスト。
農村営業から中国との交流活動、そして雑誌「うかたま」創刊。

出版社創業時の苦労話、大型企画の誕生秘話、新雑誌創刊のきっかけなどを紹介する一冊。
※本書は「週刊読書人」にて“活字シアター”として連載されていた中から反響の大きかったものを加筆・修正し書籍化いたしました。

目次

第1章 ポプラ社 書店まわりを実践し児童書出版の域を超える
第2章 二玄社 「 故宮」に魅せられた出版人
第3章 小学館 「 本は一生の友達」学年誌を幹に花開く
第4章 大修館書店 「 天下の公器」を信条に良書出版を貫いて九十年
第5章 冨山房 困難と闘い名著大著を刊行
第6章 暮しの手帖社 “一銭五厘の旗"と暮らしを守る
第7章 農山漁村文化協会「 農村空間の時代」21世紀を拓く

著者プロフィール

植田 康夫  (ウエダ ヤスオ)  (

1939年広島県生まれ。1962年上智大学文学部新聞学科卒業と同時に週刊読書人編集部に勤務、1982年より「週刊読書人」編集長を務める。1989年同退社後、上智大学文学部新聞学科助教授、1992年から2008年3月まで同教授。2009年4月に同名誉教授。2008年4月より読書人取締役「週刊読書人」編集主幹。2000年から2008年4月まで日本出版学会会長。2013年6月より読書人代表取締役社長。

上記内容は本書刊行時のものです。