版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき (おそい・はやい・ひくい・たかい No.109) 内田 良子(著/文) - ジャパンマシニスト社
.
おそい・はやい・ひくい・たかい 109

「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき (おそい・はやい・ひくい・たかい No.109)

四六判
192ページ
価格 1,600円+税
ISBN
978-4-88049-659-7
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年7月25日
書店発売日
登録日
2020年6月29日
最終更新日
2020年7月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき
内田良子(心理カウンセラー)

はじめに
一本の細い道

Ⅰ 学校に行かなくてもいいんですか?
心理室から「モモの部屋」へ

相談の場で子どもたちが教えてくれたこと
心理室で子どもたちの具合がよくなった/一歳八ヶ月の子でも話せばわかる/見えてきたのは、身体症状と学校生活との関係/学校は行かなくてもいい/学びは誰のためにあるのか/自分の力で考えること/子どものいうことを信頼する/心配や悩みごとが言葉として出てくるとき

なぜ、子どもを追いこむのか
子どものことがわかりはじめるとき/答えは子どもが教えてくれる/人生の荷物は人に預けない/「登校拒否」だった子ども時代/まずは疑ってかかる/自分を守ってくれたもの/「いじめられている」といえない子どもたち/「いい母親」を演じるプレッシャー/親子が対等な関係になるために/子どもから問われるのは、親の生き方

Ⅱ 親子の和解と修復のものがたり
子どもの傷と周囲の気づき

1 基本になること
危険な場所には近づかないこと/なぜ、人がこわいのかを知る/二度めの傷は大きな痛みをともなう/傷口を広げないための近道/親子関係の断絶を招くとき/不安をもちつづけたときに起きる症状/ゲームは命の浮き輪/なにか理由があるのではないか、と思いをめぐらせる/こだわりが強くなるとき/親が、日々傷つけ直していることに気づく/親子関係が険悪になったら

2 親が変わるとき
体験を語り伝えあう/父親の理解で改善すること/体験を共有する先に/親の人間的な成長/親自身の不安の実態が明らかになる

3 話を聴くこと、話をすること 
最後まで聴く/親にほんとうの話をするとき/一部始終を話せるようになるには/働きはじめて……過去に負った心の傷の修復/信頼の基本/夫の話をよく聴けるようになる/「なにを迷っているの?」という問いかけを/つらい思い出を語る/だから、話の腰を折らない/傷ついた隣人の話を聴く距離感で/心の傷が回復するということ/専門家に委ねなくても/和解のとき/助け舟はいらない

4 親が心すること
必要なのは、屋根と寝床と食事、そして時間/医療に頼ることで起こるのは/発達障害という誤解/薬を知る/「助けて」をいわない子への注意/「NO」をしっかり受けとめる

Ⅲ 子どもたちの抵抗と母親たちの連帯
──不登校をめぐる歴史から
「命が大事」という原点/「親の会」が広がる ─親が子どもの側にいた時代/親同士、「親の会」同士がつながり学ぶ時間/教育行政がつくる「親の会」と相談のルート/親たちが教育行政にとりこまれて/「心の居場所」だった保健室は/専門家は権力に奉仕する/人間として学校を「休む権利」
「教育機会確保法」の問題点──自殺する子は減ったか
「教育機会確保法」の問題点──ほんらいの子どもの権利を明示したか
「教育機会確保法」の問題点──貧困、障害のある子も安心して学べるか
ホームエデュケーション─家庭の学校化への懸念

おわりに:ひきこもるくらしから獲得する「生きる学力」

解説:「寄り添う覚悟」をする「勇気」と「幸せ」を育てるために
岡崎 勝(〈お・は〉編集人/小学校教員)


(もくじより抜粋)

目次

おそい・はやい・ひくい・たかい109

目 次
〈おそい・はやい・ひくい・たかい〉を編むにあたって 2
岡崎 勝(〈お・は〉編集人/小学校教員)

「不登校」「ひきこもり」の子どもが一歩を踏みだすとき
内田良子(心理カウンセラー)

はじめに
一本の細い道 13

Ⅰ 学校に行かなくてもいいんですか?
心理室から「モモの部屋」へ 18

相談の場で子どもたちが教えてくれたこと
心理室で子どもたちの具合がよくなった 20
一歳八ヶ月の子でも話せばわかる 22
見えてきたのは、身体症状と学校生活との関係 25
学校は行かなくてもいい 28
学びは誰のためにあるのか 30
自分の力で考えること 32
子どものいうことを信頼する 34
心配や悩みごとが言葉として出てくるとき 35

なぜ、子どもを追いこむのか
子どものことがわかりはじめるとき 38
答えは子どもが教えてくれる 40
人生の荷物は人に預けない 42
「登校拒否」だった子ども時代 44
まずは疑ってかかる 46
自分を守ってくれたもの 48
「いじめられている」といえない子どもたち 49
「いい母親」を演じるプレッシャー 51
親子が対等な関係になるために 53
子どもから問われるのは、親の生き方 55

Ⅱ 親子の和解と修復のものがたり
子どもの傷と周囲の気づき 58

1 基本になること
(1)危険な場所には近づかないこと 60
(2)なぜ、人がこわいのかを知る 60
(3)二度めの傷は大きな痛みをともなう 62
(4)傷口を広げないための近道 63
(5)親子関係の断絶を招くとき 63
(6)不安をもちつづけたときに起きる症状 64
(7)ゲームは命の浮き輪 65
(8)なにか理由があるのではないか、と思いをめぐらせる 66
(9)こだわりが強くなるとき 67
(10)親が、日々傷つけ直していることに気づく 68
(11)親子関係が険悪になったら 69

2 親が変わるとき
(12)体験を語り伝えあう 70
(13)父親の理解で改善すること 71
(14)体験を共有する先に 72
(15)親の人間的な成長 73
(16)親自身の不安の実態が明らかになる 74

3 話を聴くこと、話をすること 
(17)最後まで聴く 77
(18)親にほんとうの話をするとき 78
(19)一部始終を話せるようになるには 80
(20)働きはじめて……過去に負った心の傷の修復 81
(21)信頼の基本 83
(22)夫の話をよく聴けるようになる 84
(23)「なにを迷っているの?」という問いかけを 85
(24)つらい思い出を語る 87
(25)だから、話の腰を折らない 89
(26)傷ついた隣人の話を聴く距離感で 91
(27)心の傷が回復するということ 92
(28)専門家に委ねなくても 94
(29)和解のとき 95
(30)助け舟はいらない 96

4 親が心すること
(31)必要なのは、屋根と寝床と食事、そして時間 98
(32)医療に頼ることで起こるのは  100
(33)発達障害という誤解 101
(34)薬を知る 102
(35)「助けて」をいわない子への注意 103
(36)「NO」をしっかり受けとめる 105

Ⅲ 子どもたちの抵抗と母親たちの連帯
──不登校をめぐる歴史から
「命が大事」という原点 108
「親の会」が広がる ─親が子どもの側にいた時代 110
親同士、「親の会」同士がつながり学ぶ時間 111
教育行政がつくる「親の会」と相談のルート 113
親たちが教育行政にとりこまれて 115
「心の居場所」だった保健室は 117
専門家は権力に奉仕する 118
人間として学校を「休む権利」 119
「教育機会確保法」の問題点──自殺する子は減ったか 120
「教育機会確保法」の問題点──ほんらいの子どもの権利を明示したか 122
「教育機会確保法」の問題点──貧困、障害のある子も安心して学べるか 123
ホームエデュケーション─家庭の学校化への懸念 125

おわりに
ひきこもるくらしから獲得する「生きる学力」 128

解説
「寄り添う覚悟」をする「勇気」と「幸せ」を育てるために 132
岡崎 勝(〈お・は〉編集人/小学校教員)

Oha通信
不登校のあとの暮らし方──「働く」までのまわり道① 138
高校へ行かなかった私
野田彩花(フリーライター)
うちのツレはカナリア──「空気」に反応する家族との暮らし① 148
三島亜紀子(論文漫画家)
アニメをこんなふうに観てみると⑲ 154
『映画ドラえもん のび太の宝島』の「宝もの」とは、なんだったのか
村瀬 学(児童文化研究者)
〈お・は〉編集人の学校再生提案① 163
コロナで思う学校託児所論
岡崎 勝(小学校教員)

版元から一言

学校に行きたくない理由はさまざまです。
どうして? と問われても、子どもは言葉にならない傷をすでに負っているかもしれません。
少し様子を見ようと、親のほうに余裕があるうちは不登校が許されますが、親にも事情があり、不安も募り、心配は日ごとに高まります。
つい、声を荒げたり、なだめたり、気持ちの焦る人は学校以外の居場所を探したり。
親のよかれと子どもの願いはいつもすれちがい、気がつけば子どもは迷路のなか。「明日は学校に行きたい」というときは、「今日は学校へ行かれない」という訴え。心の傷は小さく見えても、そう簡単に癒されるものではない。
休息が必要なときに背中を押せば、その勢いで登校をはじめても、やがて疲労困憊して、心を閉ざし「ひきこもり」という抵抗がはじまります。
不登校は、親子の豊かな時間になるはずなのに。
高校だけは、やっぱり大学にも……と親の思いが強くなるほどに、学歴よりもかけがえのない大事なものを見失う。
でも、それでは、どうやって生きていくの?
心配や悩みのつきない方はぜひこの本を開いてみてください。

上記内容は本書刊行時のものです。