版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
おそい・はやい・ひくい・たかい 96号 岡崎勝(編) - ジャパンマシニスト社
.

おそい・はやい・ひくい・たかい 96号 年齢不問。出方いろいろ。 いまどきの反抗期、親へのアドバイス。

A5判
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-88049-596-5
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年3月
書店発売日
登録日
2017年3月31日
最終更新日
2017年3月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

様変わりしたその時期。
まず、その子その子で変化の年齢に幅があり(すぎ!)、
10歳くらいから生意気な口をきき
15歳をピークにときには壁に穴を開けたりは、
そう心配はない。少しの時間を待っていればいい?

けれど、まだ10歳なのに嘘とごまかしに長けてびっくり、とか。
15歳の春、突然にリスカが始まった、とか。
20歳で「もう大人だね」といった途端に夜遊びデビュー、とかとか。
25歳のある日、「退職してのんびりしたい」と実家に出戻って。
30歳で「親に虐げられていた」と絶縁……なんてことだ!

その出方も良くも悪しくもバラエティにとんで、
親世代は後悔、懺悔、憤怒、涙も枯れる。
反抗期、親子関係を
深く深く掘り下げた特集。
困ったときに強い味方の「お・は」!

目次

No.96
Contents


特集
年齢不問。出方いろいろ。
いまどきの反抗期、
親へのアドバイス。

8 幼児期・学童期、思春期、大人になって
 「反抗」のしかた、どうちがうの?
 精神神経科医 石川憲彦

17 親子に? 園・学校に? 暮らしに?
 問題がどこにあるかを紐解くときに
 心理カウンセラー 内田良子

23 読者の声
 子どもの拒絶、怒り、だんまりに、
 自分を責めて……
 こんなとき、なんていう? どう向きあう? 
 ケース別対応法

26 Cace1 いうことを聞かない。うそをつく。
 むやみに正すのではなく、
 大人がやり過ごせるように
 答える人 地方自治体職員・相談員 ひらのゆうこ

30 Cace2 親の財布からお金をとる。万引きする。
 善悪ではなく、貨幣の意味を考える機会に
 答える人 アジール心理発達相談室・
 臨床発達心理士 亀口公一

34 Cace3 物を壊す。親にあたる。
 「黒歴史」を差しだせる大人がいれば
 答える人 NPO法人フォロ事務局長 山下耕平

39 Cace4 スマホ・ゲームに熱中。勝手に課金。
 生活費にかかわることは、ダメをはっきりと
 答える人 小学校教員・本誌編集人 岡崎 勝

44 Cace5 とにかく、いら立っている。怒りだす。
 そっとしておくか、かまったほうがいいか
 答える人 児童精神科医 山登敬之

48 Cace6 身のまわりのことをなにもしない。
 全部親任せ。
 親の基準やランクづけが、成り立たなかったら
 答える人 フリーランス・ライター 山本芳幹

52 Cace7 自分の非を認めない。人のせいにする。
 「そんなこというなら、ごはんも作らない」でOK
 答える人 教育学者 遠藤野ゆり

56 Cace8 うしろ向きな発言。恨み節。
 いろいろできてなくても、
 「生きていていい」と伝えて
 答える人 作家・活動家 雨宮処凛
 うまく対応できない、余裕がない! 親の処方箋

62 (1)仕事もある、時間がない、働く母の場合
 ツケに直面しても、挽回の機会はある
 編集者・翻訳家 斎藤真理子

68 (2)親だけではもう無理! というとき
 「すべてが親の責任ではない」と居直る
 日本家族再生センター代表 味沢道明

74 特集のおわりに
 安らかな関係は、そう簡単にはいかない
 小学校教員 岡崎 勝


連載
79 小学生娘の母・みやこ小路のひとコマ劇場⑥
 小2の集中力は意外とスゴイのだ!
 イラストレーター みやこ小路

80 男親〈父・祖父・近所のおじさん〉の社会学⑥
 男親の役目⑵ 学校・教育のこれから
 社会学者 宮台真司

87 アニメをこんなふうに観てみると(6)
 『この世界の片隅に』で
 「絵」が伝えていること
 児童文化研究者 村瀬 学

94 連載 村瀬学「アニメをこんなふうに観てみると」
 番外編
 映画『風は生きよという』から考える
 みんなが安心して暮らせる社会って?

96 岡崎編集人のズバッといってみたりして(17)
 「教育と格差」について⑴
 小学校教員 岡崎 勝

101 障害のある子は、普通学級に行けないの?(23)
 介助者をつけた東京都の受験
 小児科医 山田 真


107 ohaの本棚
 『暮らしのなかのボイコット
 消費者市民としての50年』(富山洋子著)
 『殻を突き破るキャリアデザイン
 就活・将来の思い込みを解いて
 自由に生きる』(筒井美紀著)
 読んだ人 小学校教員 岡崎 勝

109 創刊のことば

110 編集後記

111 次号予告

112 み・ん・な・の声

114 oha編集部から

115 ジャパマ講演・イベント情報

116 募集します!

118 『ち・お』『お・は』を読む会リスト

120 [アピール]原発のない日本を

122 インフォメーション
  ジャパンマシニスト各種お問いあわせ先

123 『おそい・はやい』
  バックナンバー常備店

著者プロフィール

岡崎勝  (オカザキマサル)  (

1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員歴36年。著書に「きみ、ひとを育む教師ならば」「ガラスの玉ねぎ こどもの姿を写し出す1年白組教室通信」(ともに小社刊)、「みんなでトロプス!」(風媒社)、「学校再発見!」(岩波書店)、「新・子どもと親と生活指導」(日本評論社)、共・編著に「友だちってなんだろう」(日本評論社)、「がっこう百科」(小社刊)など多数。学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。

上記内容は本書刊行時のものです。