版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
おそい・はやい・ひくい・たかい 95号 岡崎勝(編) - ジャパンマシニスト社
.

おそい・はやい・ひくい・たかい 95号 ほどほどあってほしく、限界も知ってほしい(T_T) 忍耐・ガマンの上手な伝え方

A5判
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-88049-595-8
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2017年1月
書店発売日
登録日
2017年2月10日
最終更新日
2017年2月10日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

忍耐とガマンは
将来を生きていくのに大事なこと……
けれど、うちのおにいちゃんは、そのガマンというものができない。
ほしい! となったら、すぐ・いま・ほしい。
やりたい! となったら、ここで・いま・やってみたい。
そのくせ、自分の気がむかないことには、
しぶしぶ手をだし、すぐに放り出す。
大丈夫か?

ひきかえ、妹は、「あとで」といえばこくりとうなずく。
「ちょっと、まっていてね」といえば、絵をかいたり本を読んだり、大人しい。
苦手といっても、コツコツ取り組むタイプで
それなりの成果を出す。
それって、いい子すぎる? ガマンしすぎてる?

その子その子の性格によって、というけれど、
親はそんなに器用じゃない。
この特集は、いつも目につくところに置いて、
時折読み返したくなる特集。

目次

特集
ほどほどあってほしく、限界も知ってほしい(T_T)
忍耐・ガマンの上手な伝え方
--------------------------
No.95
Contents


特集
ほどほどあってほしく、限界も知ってほしい(T_T)
忍耐・ガマンの上手な伝え方

8 対談
  できなかったら、どうする!?
  ―この世界を生きぬくために必要なこと
  小学校教員・本誌編集人 岡崎 勝
     ×
  絵本作家 五味太郎

21 読者の声
  ここぞというときは、ある程度は、
  あったほうがいいと思うけど……

24 座談会
  子どもたちに強いたこと
  ──他人の目と「親都合」
秋本伸子・菊地清香・服部裕美(仮名)

「忍耐・ガマン」が求められるとき
30 (1)戦争の時代から見てみると
  いまも続く、国民に強いられた「がまん」
  小児科医 山田 真

35 (2)保育園の暮らしから
  子ども集団と「がまん」のおりあいのつけかた
  ―園舎移転の経験から
  保育士 青野典子

40 (3)学校生活のなかで
  ―「行きたくない」といえない
  がまん強い子の先に待ち受けること
  心理カウンセラー 内田良子

学校では「忍耐・ガマン」をどう教える?
46 (1)小学校の道徳の時間に
  大人目線の「必要性」で迫っても……
  小学校教員 岡崎 勝

50 (2)高学年の理科の授業で
  カブトムシのメスがオスを「がまん」する理由
  小学校教員 太田まじん

55 (3)中学校の部活動=運動部系では
  「根性・忍耐力・社会性」「同調圧力」
  ……その先に
  中学校教員 土井峻介

59 (4)大学で就職の備えとして
  人前で恥をかいても、自分を笑うことから
  教育社会学者 筒井美紀

いま、必要とされる「忍耐・ガマン」とは?
64 (1)科学者としての視点から
  ガマンを通して人生の歩みを見直してみると
  宇宙物理学者 池内 了
70 (2)不登校を経て大人になって
  ―ままならない関係のなかで
  「無理してない?」と、問い直すことから
  フリーライター 野田彩花

76 特集のおわりに
  結局、自立と自律ができないことには……
  小学校教員 岡崎 勝


連載
81 小学生娘の母・みやこ小路のひとコマ劇場(5)
  小2のおこづかい事情
  イラストレーター みやこ小路

82 男親〈父・祖父・近所のおじさん〉の社会学(5)
  男親の役目⑴ ホームベースをつくる
  社会学者 宮台真司

89 アニメをこんなふうに観てみると(5)
  『君の名は。』が示す
  「理解」するというしくみ
  児童文化研究者 村瀬 学

96 岡崎編集人のズバッといってみたりして(16)
  「家庭教育支援法」をどう見るか
  小学校教員 岡崎 勝

101 障害のある子は、普通学級に行けないの?(22)
  東京の「入試要綱」と「特別措置」
  小児科医 山田 真


107 ohaの本棚
  『できる! つかえる!
  言葉あそびセレクション』(向井吉人著)
  読んだ人/小学校教員 岡崎 勝

108 ジャパマ講演・イベント情報

109 創刊のことば

110 編集後記

111 次号予告

112 み・ん・な・の声

114 oha編集部から

115 Chio115号より、大リニューアル!

116 募集します!

118 『ち・お』『お・は』を読む会リスト

120 [アピール]原発のない日本を

122 インフォメーション
  ジャパンマシニスト各種お問いあわせ先

123 『おそい・はやい』
  バックナンバー常備店

著者プロフィール

岡崎勝  (オカザキマサル)  (

1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員歴36年。著書に「きみ、ひとを育む教師ならば」「ガラスの玉ねぎ こどもの姿を写し出す1年白組教室通信」(ともに小社刊)、「みんなでトロプス!」(風媒社)、「学校再発見!」(岩波書店)、「新・子どもと親と生活指導」(日本評論社)、共・編著に「友だちってなんだろう」(日本評論社)、「がっこう百科」(小社刊)など多数。学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。

上記内容は本書刊行時のものです。