版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
おそい・はやい・ひくい・たかい 89号 岡崎勝(編) - ジャパンマシニスト社
.

おそい・はやい・ひくい・たかい 89号 18歳選挙で映像で学校で 子どもと戦争・テロを話すときに どこまで・どう伝える

A5判
並製
定価 1,200円+税
ISBN
978-4-88049-589-7
Cコード
C0077
一般 単行本 家事
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2016年1月
書店発売日
登録日
2016年1月28日
最終更新日
2016年10月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

戦後70年を経た日本は「平和だよ!」と
子どもたちにいえますか?
いまも世界では「戦争・テロ」が起こっていて、
ニュースでも毎日のように悲惨なシーンが流れる。
それをじっと見つめる子に、なにを語る?
2016年夏の参院選から、選挙権年齢は「18歳以上」に。
新たな歴史が動いているいま、
大人として、あらためて考えること。

家庭や学校で語れるとき、
さまざまなメディア、映像、物語にふれるとき、
子どもはどう受けとめるのか?
大人が気をつけるべきことは?

目次

特集
18歳選挙で・映像で・学校で……
子どもと「戦争・テロ」を話すときに
どこまで・どう伝える?
--------------------------
Contents
No.89


連載
5 一年生の絵日記
 いちばん楽しかったこと・おもしろかったこと (4)
 げじげじがでてきたよ
 はるた

6 Topic (1) 子育てニュース
 岡崎編集人のズバッといってみたりして (10)
 いじめ問題の「実態」
 『お・は』編集人 岡崎 勝

11 Topic (2) もう一つの高校受験
 障害のある子は、普通学級に行けないの? (16)
 高校卒業の条件
 小児科医 山田 真

特集
18歳選挙で・映像で・学校で……
子どもと「戦争・テロ」を話すときに
どこまで・どう伝える?

20 過去をふり返り、いまとこれからを考えて……
 読者の声

26 二〇〇〇年代の主な戦争・テロと日本の政治 
 編集部

Ⅰ 伝えるその前に
 そもそも、「戦争」ってなんですか?
33 (1)いま、戦争・テロが起こる理由
 紛争地から日本はどう見られているのか
 ー―平和な国のこれから
 東京外国語大学教授・紛争屋 伊勢﨑賢治

42 (2)戦争・疎開体験者として
 一度起これば、未来に負の遺産を押しつける 
 日本消費者連盟顧問 富山洋子
 そもそも、なぜ・いま「18歳」?

49 (1)昔の高校生は大人だった?
 先生や友人たちが「ものを考える人間」に
 してくれた 
 小児科医 山田 真

55 (2)親としてどうする?
 ネットユーザーは一〇代が多く、
 人気は圧倒的に自民党
 大阪国際大学准教授・法学者・
 全日本おばちゃん党代表代行 谷口真由美

Ⅱ 政治的なことを伝えるときの作法
64 (1)悲惨すぎる、ショックやトラウマが心配と
 親が思うときは? 
 おたがいを守りあう関係をつくるきっかけに 
 児童精神神経科医 石川憲彦

72 (2)誰が・いつ・なにを伝える?
 「あなたはかけがえのない存在」
 という事実から
 養護実践研究センター代表 大谷尚子

78 (3)教師の政治的中立って?
 求められるのは、「選択をしない」態度だが……
 元中学校教員 赤田圭亮

84 (4)教室で伝える場合は?
 善悪や敵味方だけでとらえずに
 小学校教員 岡崎 勝

90 (5)「映画」を作る側の思いって?
 たんたんと解毒剤を作る気持ちで
 映画作家 想田和弘

96 (6)選挙・自治のこころはいつから?
 しくみを知るのは「一三歳」前後から 
 ー―「十五少年」の物語より
 同志社女子大学特任教授・児童文化研究者 
 村瀬 学

102 特集のおわりに
 私たちの急務
 小学校教員 岡崎 勝

107 ohaの本棚
 『池上彰・森達也のこれだけは知っておきたい
 マスコミの大問題』(池上彰・森達也著)
 読んだ人/小学校教員 岡崎 勝
108 山福朱実 ヤマネコ毛布絵本原画展*九州の旅

109 創刊のことば

110 編集後記

111 次号予告

112 『ち・お』『お・は』を読む会・町田
 子育て連続講座第2シーズン
 2016年参加者募集!!

113 み・ん・なの声

115 『ち・お』『お・は』を読む会リスト

117 oha編集部から

118 [アピール]原発のない日本を

127 『おそい・はやい』バックナンバー常備店

128 インフォメーション
 ジャパンマシニスト各種お問い合わせ先

著者プロフィール

岡崎勝  (オカザキマサル)  (

1952年愛知県名古屋市生まれ。小学校教員歴36年。著書に「きみ、ひとを育む教師ならば」「ガラスの玉ねぎ こどもの姿を写し出す1年白組教室通信」(ともに小社刊)、「みんなでトロプス!」(風媒社)、「学校再発見!」(岩波書店)、「新・子どもと親と生活指導」(日本評論社)、共・編著に「友だちってなんだろう」(日本評論社)、「がっこう百科」(小社刊)など多数。学校バトルを楽しみながら、遊び心を失わないで、したたかに生きたい。

上記内容は本書刊行時のものです。