版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
行政サービスのインソーシング 榊原秀訓(著/文) - 自治体研究社
..

行政サービスのインソーシング 「産業化」の日本と「社会正義」のイギリス

A5判
縦210mm 横148mm 厚さ11mm
重さ 230g
136ページ
定価 1,600円+税
ISBN
9784880377223
Cコード
C0031
一般 単行本 政治-含む国防軍事
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2021年2月10日
書店発売日
登録日
2021年2月11日
最終更新日
2021年2月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

行政(公共)サービスはどうあるべきなのか。日本では公的サービスのアウトソーシング、民営化、産業化が唯一の選択肢とされている。一方、イギリスでは、再公営化、つまり、民間から公営に取り戻す、インソーシングの事例がみられる。それは民営化、産業化による弊害、サービスの破綻・劣化が原因であり、公正を旨とする「社会正義」に根差した動きでもある。イギリスでの調査やシンクタンクへのインタビュー、現地の労働組合・市民団体等の社会運動を紹介し、日英比較を通して、これからの行政サービスのあり方を多角的に考える。

目次

はしがき
第1章 わが国の行政サービスの民間化の現状  榊原秀訓
はじめに
1 政府における行政サービス民間化の政策
2 公務員制度の現状
3 行政サービスのアウトソーシングの手法
おわりに
第2章 行政サービスのインソーシングと
「社会的価値」・「社会正義」への注目  榊原秀訓
はじめに
1 行政サービスのアウトソーシング
2 行政サービスのインソーシング
3 Brexitと行政サービス
おわりに――わが国への示唆
第3章 イギリス「社会」依存の行政サービス提供と
インソーシング  大田直史
はじめに――ボリス・ジョンソン首相の言う「社会」
1 10年間に及んだ緊縮財政
2 繰り返されてきた中央集権批判と地方主義
3 「地方主義」による「大きな社会」の失敗
4 「市民社会戦略」
おわりに――行政サービスのインソーシング・内部化という選択肢
第4章 PFI事業の「検証」と「撤退」  庄村勇人
はじめに
1 イギリスにおけるPFI
2 会計検査院報告書、庶民院決算委員会報告書
3 イギリスにおける議論を踏まえた検討
おわりに
第5章 イギリスのインソーシングと社会運動  尾林芳匡
はじめに――イギリスのインソーシングに学ぶ
1 労働組合の動き(その1)=UNISON
2 労働組合の動き(その2)=UNITE the UNION
3 トランスナショナル研究所(Transnational Institute)
4 「WE OWN IT」(私たちこそ所有者だ)運動
おわりに――いまこそ新自由主義的な民営化を脱却する社会運動を

著者プロフィール

榊原秀訓  (サカキバラヒデノリ)  (著/文

榊原秀訓(さかきばら・ひでのり)
南山大学法学部教授
1959年、静岡県生まれ。1982年、名古屋大学法学部卒業、87年、名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。
主な著作:『地方自治の危機と法―ポピュリズム・行政民間化・地方分権改革の脅威―』(自治体研究社、2016年)、『地方自治体の補助金にみる政治的中立性―石川県MICE助成金不交付問題―』(自治体研究社、2018年)、等。

大田直史  (オオタナオフミ)  (著/文

大田直史(おおた・なおふみ)
龍谷大学政策学部教授
1960年、京都府生まれ。1982年、島根大学法文学部卒業、85年、龍谷大学法学研究科博士前期課程修了、89年、京都大学大学院法学研究科博士後期課程研究指導認定退学。
主な著作:『地方自治法入門[増補版]』(駒林良則・佐伯彰洋らと共著、成文堂、2018年)、『公共政策を学ぶための行政法入門』(深澤龍一郎・小谷真理らと共著、法律文化社、2018年)、等。

庄村勇人  (ショウムラハヤト)  (著/文

庄村勇人(しょうむら・はやと)
名城大学法学部教授
1975年、徳島県生まれ。1997年、岡山大学法学部卒業、2004年、岡山大学大学院文化科学研究科博士後期課程満期退学。
主な著作:「PFI法と個別法との関係についての法的考察」法の科学50号(2019年)127頁以下、「郵政事業におけるユニバーサルサービス規制と消費者組織」榊原秀訓編『行政サービス提供主体の多様化と行政法』(日本評論社、2012年)133頁以下、等。

尾林芳匡  (オバヤシヨシマサ)  (著/文

尾林芳匡(おばやし・よしまさ)
弁護士(八王子合同法律事務所)
1961年、東京都生まれ。86年、東京大学法学部卒業、90年、弁護士(東京弁護士会所属)
主な著作:『自治体民営化のゆくえ―公共サービスの変質と再生―』(自治体研究社、2020年)、『水道の民営化・広域化を考える[第3版]』(渡辺卓也と共編著、自治体研究社、2020年)、等。

上記内容は本書刊行時のものです。