版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
ヘミングウェイの五感 戸田 慧(著) - 松籟社
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし
返品の考え方: 返品は常に承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

ヘミングウェイの五感 (ヘミングウェイノゴカン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:松籟社
四六判
224ページ
上製
定価 2,400円+税
ISBN
978-4-87984-451-4   COPY
ISBN 13
9784879844514   COPY
ISBN 10h
4-87984-451-9   COPY
ISBN 10
4879844519   COPY
出版者記号
87984   COPY
Cコード
C0098  
0:一般 0:単行本 98:外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2024年3月20日
書店発売日
登録日
2024年3月8日
最終更新日
2024年4月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

電気の光、パリの音楽、松の匂い、カジキの味…
ヘミングウェイの初期から後期に渡る主要作品について、「五感」にまつわる表現に焦点をあて、包括的に分析する。
二〇世紀アメリカの混沌とした時代に、作家は何を見て、聴いて、触れ、嗅ぎ、味わったのか。

目次

まえがき

第一章  電気仕掛けのプロメテウス──『日はまた昇る』における「光」
第二章  喧噪と戦争──『日はまた昇る』における「音」
第三章  情熱の受難者たち──『武器よさらば』における「触覚」
第四章  不毛な清潔、豊穣なる不潔──「キリマンジャロの雪」における「匂い」
第五章  死とノスタルジア──『誰がために鐘は鳴る』における「匂い」
第六章  ライオンの食卓──「よいライオンの話」における「食」
第七章  カジキの肉、キリストの血──『老人と海』における「味覚」
終章

あとがき

著者プロフィール

戸田 慧  (トダ ケイ)  (

戸田 慧(とだ・けい)

関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程修了。博士(文学)。
現在、広島女学院大学人文学部准教授。
専攻はアメリカ文学、特にアーネスト・ヘミングウェイを中心に研究。
著書に『英米文学者と読む「約束のネバーランド」』(集英社)、『ヘミングウェイ批評─三〇年の航跡』(共著、小鳥遊書房)、Hemingway in Italy: Twentieth-First-Century Perspectives(共著、University Press of Florida)、『アメリカン・ロード─光と影のネットワーク』(共著、英宝社)など。

上記内容は本書刊行時のものです。