版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
災害と外国人犯罪流言 郭 基煥(著/文) - 松籟社
.
詳細画像 0
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:

在庫ステータス

在庫あり

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:なし
返品の考え方: 返品は常に承ります。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

災害と外国人犯罪流言 (サイガイトガイコクジンハンザイリュウゲン) 関東大震災から東日本大震災まで (カントウダイシンサイカラヒガシニホンダイシンサイマデ)

社会科学
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:松籟社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ24mm
重さ 400g
400ページ
並製
定価 2,800円+税
ISBN
978-4-87984-442-2   COPY
ISBN 13
9784879844422   COPY
ISBN 10h
4-87984-442-X   COPY
ISBN 10
487984442X   COPY
出版者記号
87984   COPY
Cコード
C0036  
0:一般 0:単行本 36:社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2023年9月1日
書店発売日
登録日
2023年7月21日
最終更新日
2023年10月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2023-11-25 朝日新聞  朝刊
評者: 藤野裕子(早稲田大学教授・日本近現代史)
2023-09-30 東京新聞/中日新聞  朝刊
MORE
LESS

紹介

大災害=非常事態下における外国人犯罪流言の100年にわたる系譜とメカニズムを、
児童の作文、新聞報道、住民アンケートから読み解く〈デマと差別の社会学〉

目次

序章 非常事態下における犯罪流言

第1章 関東大震災後の子供たちの作文における朝鮮人表象

第2章 関東大震災後の子供たちの作文における日本人表象

第3章 関東大震災発生までの新聞における朝鮮人表象

第4章 非常事態収束後の朝鮮人犯罪流言についての社会的認知

第5章 敗戦までの朝鮮人犯罪流言―太平洋戦争期を中心に

第6章 戦後の外国人犯罪流言―東日本大震災時を中心に

終章 多文化共生の現実と外国人犯罪流言の言説間構造

あとがき

参考文献

前書きなど

 本書では、非常事態下で発生した外国人犯罪流言を時系列順に取り上げ、実態、発生メカニズム、結果の三点を軸に考察する。

 第一章から第四章までは、関東大震災時における朝鮮人犯罪流言を扱う。流言が実際の暴力へと繋がった事態の重大さのため、本書のかなりの割合を占める。第一章と第二章は、流言と暴行の現場のミクロな構造に、第三章は、歴史的な背景に焦点を当てる。第四章は、事態が沈静化したあと、震災時の流言がどのように記憶され、忘却されていったかに焦点を当てる。

 第五章は、関東大震災以降、太平洋戦争敗戦までの流言を対象にする。第六章は、戦後に起きた巨大災害である阪神淡路大震災時と東日本大震災時の外国人犯罪流言を扱う。
 終章は、東日本大震災時の流言が、日本人を自画自賛する言説など他の言説群と互いに噛み合いながら一つの構造を形成している点を論じ、この言説間の構造の中に外国人犯罪流言の発生と拡散の要因を探り、今後の流言の見通しについて論じる。

著者プロフィール

郭 基煥  (カク キファン)  (著/文

1967年愛知県生まれ。東北学院大学国際学部教授。名古屋大学国際開発研究科博士課程満了。名古屋大学博士(学術)。
主な業績に『差別と抵抗の現象学―在日朝鮮人の〈経験〉を基点に』(新泉社)、「震災後の『外国人犯罪』の流言」『震災学』10号、「巨大災害とナショナリズム:震災時の〈共生文化〉の継承可能性」『災害復興研究』8号、「在日コリアンに対するヘイトスピーチとイデオロギーへの呼びかけ―ジュディス・バトラーによる「主体化」論を手引きに」『日本社会学理論研究』8号がある。

上記内容は本書刊行時のものです。