版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
路地と世界 今井 亮一(著) - 松籟社
.
詳細画像 0

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: ト|ニ|楽天|地方小|JRC
直接取引: なし

路地と世界 世界文学論から読む中上健次

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:松籟社
四六判
464ページ
上製
価格 3,600円+税
ISBN
978-4-87984-402-6   COPY
ISBN 13
9784879844026   COPY
ISBN 10h
4-87984-402-0   COPY
ISBN 10
4879844020   COPY
出版者記号
87984   COPY
 
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2021年3月31日
書店発売日
登録日
2021年3月30日
最終更新日
2021年4月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

今世紀に入ってから、欧米を中心に盛んになっている世界文学論。そこでの重要な論点は、不思議にも、1992年に物故した作家・中上健次の問題意識と共鳴する。
近年の世界文学論の知見を援用しながら、中上作品読解に新たな地平をひらく意欲的論考。

目次

序章 中上健次と「世界文学」
第一章 「岬」ならびに『枯木灘』再訪―私的空間としての路地
第二章 中期作品群の深まり―路地と脱国民国家
第三章 『地の果て 至上の時』の「再」出発―路地と資本主義
第四章 『日輪の翼』と『讃歌』の展開―路地と「世界-文学」
終章 『異族』の限界と可能性―路地から世界へ

著者プロフィール

今井 亮一  (イマイ リョウイチ)  (

 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。
 サントリー文化財団鳥井フェローなどを経て、現在、東京大学大学院人文社会系研究科助教。専攻は戦後日本文学、比較文学、翻訳研究など。
 翻訳に、スーザン・J・ネイピア「大江健三郎と二十世紀末における崇高の探求」(『大江健三郎全小説12』講談社、2019年)、マッツ・カールソン「欧米における中上健次批評概観」(『中上健次集月報Ⅳ』インスクリプト、2014年)など。共訳書に、エミリー・アプター『翻訳地帯─新しい人文学の批評パラダイムにむけて』(慶應義塾大学出版会、2018年)、レアード・ハント『英文創作教室Writing Your Own Stories』(研究社、2017年)、フランコ・モレッティ『遠読─〈世界文学システム〉への挑戦』(みすず書房、2016年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。