版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
晩年のスタイル 磯崎 康太郎(編著) - 松籟社
.
詳細画像 0

晩年のスタイル 老いを書く、老いて書く

発行:松籟社
四六判
縦188mm 横128mm 厚さ21mm
重さ 360g
288ページ
上製
価格 2,800円+税
ISBN
978-4-87984-385-2
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年3月25日
書店発売日
登録日
2020年4月3日
最終更新日
2020年4月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

作家・芸術家の到達点としての「老い」に迫る

目次

序 章 老いて花さく(香田芳樹)

第1章 「よちよち歩きの時分から柵のところまで」
    ―ヨーロッパ古代と中世における老年描写(香田芳樹)

第2章 若返りと老いの物語
    ―ヨーハン・ヴォルフガング・ゲーテの『五〇歳の男』(山本賀代)

第3章 若者が年をとるとき
    ―ロマン主義以降の青年運動と「若きドイツ」の老後の生(西尾宇広)

第4章 想像の晩年、晩年の想像
    ―アーダルベルト・シュティフター作品の老人像と晩年のスタイル(磯崎康太郎)

第5章 時間/時代への抵抗
    ―フランツ・カフカ『田舎医者』に見る老いと死(川島隆)

第6章 市民たちの晩年
    ―トーマス・マン『ブッデンブローク家の人々』から『欺かれた女』まで(坂本彩希絵)

第7章 小さな礼拝堂を装飾する老いた画家たち
    ―マティス、ピカソ、フジタ、そしてコクトー(松田和之)

第8章 マイノリティの「老年の語り」と集団的アイデンティティ
    ―語りはじめたロマ(野端聡美)

前書きなど

本書「あとがき」より(抜粋)

「晩年のスタイル」に着眼する研究は、作家の主観なり、晩年の業績なりに密着し、それを説き明かす、あるいは再評価する(必ずしも「老い」という階梯に囚われない)試みである。他方で、「老い」を対象とする研究は、「若さ」との相対性を旨とし、個人史にとどまらない文化的、社会的な枠組での考察も可能とする。この二つの研究テーマは、作家や芸術家が自身の若かりし頃との比較のうちに「老い」の意識を強く抱いている、あるいは「晩年のスタイル」を語るうえで若年時のそれが不可欠な参照項になっているといった場合にはむろん重なり合うものであるが、必ずしも同一の主題であるとは限らない。むしろ「晩年のスタイル」は「老い」のスタイルであるという暗黙の了解を疑うことや、「老い」を一人の作家の「晩年」から切り離して検討することに研究の醍醐味があるように思われる。本書に収められた執筆者たちの論考に認められる「晩年のスタイル」や「老い」への多様なアプローチのあり方から、以上のことを考えさせられた。

著者プロフィール

磯崎 康太郎  (イソザキ コウタロウ)  (編著

福井大学国際地域学部准教授

香田 芳樹  (コウダ ヨシキ)  (編著

慶應義塾大学文学部教授

山本 賀代  (ヤマモト カヨ)  (

慶應義塾大学経済学部教授

西尾 宇広  (ニシオ タカヒロ)  (

慶應義塾大学商学部准教授

川島 隆  (カワシマ タカシ)  (

京都大学文学研究科准教授

坂本 彩希絵  (サカモト サキエ)  (

長崎外国語大学外国語学部准教授

松田 和之  (マツダ カズユキ)  (

福井大学国際地域学部教授

野端 聡美  (ノバタ サトミ)  (

慶應義塾大学、立教大学非常勤講師

上記内容は本書刊行時のものです。