版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
図書館と読書をめぐる理念と現実 相関図書館学方法論研究会(編著) - 松籟社
.
図書館・社会・文化 2

図書館と読書をめぐる理念と現実

発行:松籟社
A5判
268ページ
上製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-87984-377-7
Cコード
C0030
一般 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年4月27日
書店発売日
登録日
2019年4月10日
最終更新日
2019年5月7日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

原点としての図書館の理念を踏まえつつ、社会・経済・政治情勢の変化と図書館の関係性を国内外の事例から考察する。シリーズ〈図書館・文化・社会〉第2巻。

目次

(吉田右子)アメリカ公立図書館を基点とする公共図書館モデルの再検討:オルタナティヴから逆照射されるもの
(キャサリン・シェルドリック・ロス 著 山崎沙織 訳)頂点に立つ読者:公共図書館、楽しみのための読書、そして読書モデル
(三浦太郎)戦後占領期におけるアメリカ図書館像:CIE図書館のサービスを中心に
(福井佑介)社会的責任論からみた戦後の全国図書館大会の展開:図書館界の「総意」を示すフォーラムの興亡
(金晶)上海国際図書館フォーラムを手掛かりに図書館を考える
(川崎良孝)図書館建築をめぐる路線論争とその帰趨:ウィリアム・F.プールを中心として

著者プロフィール

吉田 右子  (ヨシダ ユウコ)  (

2011 筑波大学大学院図書館情報メディア研究科教授
主要業績:『メディアとしての図書館』(日本図書館協会, 2004);『デンマークのにぎやかな公共図書館』(新評論, 2010);吉田右子『オランダ公共図書館の挑戦:サービスを有料にするのはなぜか?』(新評論, 2018)ほか

川崎 良孝  (カワサキ ヨシタカ)  (

2015 京都大学名誉教授
主要業績:アメリカ図書館協会知的自由部編纂『図書館の原則(改訂4版)』(翻訳, 日本図書館協会, 2016);『アメリカ大都市公立図書館と「棄てられた」空間』(京都図書館情報学研究会, 2016);『開かれた図書館とは』(京都図書館情報学研究会, 2018);「ボストン公立図書館の利用規則と年齢制限が示す意味」(『図書館界』vol. 70, no. 5, 2019)ほか

上記内容は本書刊行時のものです。