版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
子どもたちの見たロシア革命 大平 陽一(編訳) - 松籟社
.

子どもたちの見たロシア革命 亡命ロシアの子どもたちの文集

発行:松籟社
四六判
288ページ
並製
価格 2,600円+税
ISBN
978-4-87984-374-6
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2019年2月26日
書店発売日
登録日
2019年2月26日
最終更新日
2019年3月11日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1920年代前半、亡命ロシア人の子弟が通うギムナジウムで、ロシア革命後の体験をテーマにした作文が生徒たちに課された。内戦期の混乱に巻き込まれ、肉親との別離や飢えを経験し、難民同然の身で異境の地への亡命を余儀なくされた子どもたちは、その過酷な体験をどのような文章に託して語っているのか。
自らの体験を語るために子どもたちがつかまえた言葉は、どのようなものか。
そしてまた、言葉にはできなかったことの背後にあるものは、何か。

著者プロフィール

大平 陽一  (オオヒラ ヨウイチ)  (編訳

1955年、三重県生まれ。東京外国語大学大学院修士課程修了。
現在、天理大学国際学部教授。専攻は戦間期チェコにおける亡命ロシア文化。
著書に『映画的思考の冒険』(共著、世界思想社、2006)、『再考・ロシアフォルマリズム』(共著、せりか書房、2012)、『自叙の迷宮』(共編著、水声社、2018)などがある。
訳書に『ロシア・アヴァンギャルド③/キノ─映像言語の創造』(共訳、国書刊行会、1995)など。

新井 美智代  (アライ ミチヨ)  (編訳

1961年、埼玉県生まれ。奈良女子大学大学院博士課程人間文化研究科退学。
現在、同志社大学、奈良女子大学、関西大学非常勤講師。専攻は物語論。
著書に『イメージのポルカ』(共著、成文社、2008)などが、訳書に『ロシア・アヴァンギャルド③/キノ─映像言語の創造(共訳、国書刊行会、1995)』がある。

上記内容は本書刊行時のものです。