版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
図書館の電子化と無料原則(多摩DEPO⑥) 津野 海太郎(著) - けやき出版
.
多摩デポブックレット 多摩デポブックレット

図書館の電子化と無料原則(多摩DEPO⑥) 多摩DEPO 特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩第4回総会(2011・5・29)より

発行:けやき出版
A5判
縦210mm 横148mm 厚さ30mm
重さ 74g
45ページ
並製
価格 600円+税
ISBN
978-4-87751-457-0
Cコード
C0037
一般 単行本 教育
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2011年10月
書店発売日
登録日
2016年1月5日
最終更新日
2020年3月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

1 保存と利用という二つの軸
2 図書館の利用と無料原則(図書館利用の核心は無料原則にあり
有料の国もあれば無料の国もある
押しつけられた原則をえらびなおす ほか)
3 有料化の声
4 図書館の電子化(電子図書館も無料でなくてはならない
世界大の図書館を開放する)
5 無料原則を新しいものとして鍛えなおす

著者プロフィール

津野 海太郎  (ツノ カイタロウ)  (

1938年生まれ。編集者、演出家、評論家。1962年~1998年編集者として晶文社に勤務。「季刊 本とコンピュータ」に編集長として携わる。和光大学教授。和光大学図書館長。『滑稽な巨人』で新田次郎文学賞受賞。『ジェームス・ロビンスが死んだ』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。現在、和光大学名誉教授。フリーライター、NPO法人共同保存図書館・多摩顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

上記内容は本書刊行時のものです。