版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
魯山人の和食力 北大路魯山人(著/文) - 興陽館
.

魯山人の和食力

発行:興陽館
B6変型判
並製
価格 1,000円+税
ISBN
978-4-87723-257-3
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2020年5月15日
書店発売日
登録日
2020年3月3日
最終更新日
2020年5月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

日本料理の味覚や作り方がどんどんわかる本
茶漬け、鍋料理、雑炊、寿司、鰻、鮪、鰹、鮎、河豚....。
伝説の天才料理家による、誰も知らない和食の秘密とは?

著者プロフィール

北大路魯山人  (キタオオジロサンジン)  (著/文

北大路魯山人 (きたおおじ ろさんじん)
料理研究家・陶芸家・書家=本名房次郎。1883(明治16)年、京都・上賀茂神社の社家の次男として生まれる。1904(明治37)年、日本美術展覧会の千字文の書で一等を受賞。その後、篆刻、陶芸に手を染める。19年には古美術商を営むかたわら、会員制の「美食倶楽部」を発足させる。25年には東京麹町に、当時のセレブを対象にした日本料理の料亭、星岡茶寮を創設、顧問兼料理長に就任。26年、北鎌倉の山崎に窯を築き、星岡窯と称した。料理と陶磁器と書に鬼才を発揮、新境地を開いた。美食に人生をかけ、美的生活に耽溺した。1959(昭和34)年12月21日、好物のタニシのジストマによる肝硬変で死去。

上記内容は本書刊行時のものです。