版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
遺された家―家族の記憶 太田 順一 - 海風社
.
詳細画像 0 詳細画像 1

遺された家―家族の記憶

発行:海風社
144ページ
並製
価格 3,000円+税
ISBN
978-4-87616-044-0
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2016年12月
書店発売日
登録日
2016年11月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-02-06 朝日ファミリーニュース    デジタル版
2016-12-03 産經新聞    朝刊
評者: 桑原聡

紹介

全国で増え続ける「空き家」
子どもが巣立ち、親が亡くなり、住む「あるじ」を失った「空き家」ばかりを撮った写真集。そこには家族との思い出の品々が数々遺されています。
家族が残した様々な痕跡が昭和の香りと共に遠い記憶を呼び覚ます廃墟でもなく、廃屋でもない、遺された家。
山口、奈良、和歌山、京都、広島、大阪、三重にて撮影した主に家の内部の139ショットは圧巻です。

目次


山口県岩国市関戸・・・3


奈良市三碓・・・15


和歌山県東牟婁郡那智勝浦町・・・27


京都府福知山市大呂・・・35


京都府福知山市大江町・・・39


広島市中区基町・・・49


奈良市丹生町・・・55


奈良市今小路町・・・65


広島県庄原市東本町・・・77


大阪市東成区中道・・・85

ⅩⅠ
京都市東山区今熊野椥ノ森町・・・97

ⅩⅡ
三重県熊野市新鹿町・・・109

ⅩⅢ
京都府南丹市美山町・・・117

ⅩⅣ
大阪府交野市郡津・・・129

前書きなど

あとがき
 阪神大震災のあと、どれくらいたってのことだったか、孤独死がよく取りざたされた。丸裸になって身を寄せた仮設住宅で、あるいはその後移り住んだ公営の災害復興住宅で、ひとり暮らしの被災者が誰に看取られることもなくひっそりと息絶えていた―そんなことが年に何十件と起きたのだ。女性より男性の高齢者に多かったように記憶する。
 孤独死のニュースを見るたびに、不謹慎かもしれないが、私には写真を撮りたいという思いがつのった。亡くなった人の部屋のありようを、である。布団のうえに投げ捨てたパジャマ、流し台の洗いかけの茶碗や皿、壁に張ったカレンダーへの書き込み……。それらすべてが世間と孤絶したなかで逝った人の遺書のように思えたのだ。
 撮影できないかとあれこれ手だてを探ったが、実現するのはむつかしかった。そのときの思いが幾分かたちを変えて、今回の「空き家」を撮ることへとつながっている。
 もうひとつ、ハンセン病療養所での体験も記しておきたい。青森から沖縄の先の宮古島まで、全国に十三ある国立ハンセン病療養所を取材で二度回った。行く先々で激しい撮影拒否に遭ったが、私が得たいちばんの感想は何かというと、十人十色、いろんな人がいるなあという、ごく当たり前のことだった。
 ふるさとで暮らす肉親にわざわいが及ぶのを恐れ、入園者がマスコミに姿をあらわすことはまずない。いわば顔の見えない人たちであるわけだ。そんななか新聞などで語られる入園者の像は、ややもするとひとつの色で染めあげられパターン化されがちだった。
 療養所の居住棟はアパートと一緒で、どの部屋も決まった間取り、決まった造りの画一的なものだ。が、一歩なかに入ってみると、住んでいる人の個性や人柄が家財道具や装飾品に反映されていて、どれひとつとして同じ部屋はなかった。まさに百人百様の部屋なのだ。
 いろんな人がいるんだということを、人ではなく物を通してあらわそうと、私は部屋の内部の撮影に力を注いだ。その作業の延長線上で「空き家」めぐりは始まっている。
 撮影終了後、ふたつの「空き家」が売却されて人手に渡り、ひとつは借家であったため居住者の死去で家主に戻された。昔、家族が囲んだ食卓も椅子も、たんすのなかの衣服も、書架に並ぶ本も、リニューアルのため全部処分されてゴミとなる。辛うじて写真のなかに遠い日の記憶をとどめておけた―そう思いたい。

版元から一言

これほど共感できる写真集はありません。
頁をめくるたびに「うちにもあったよな、こんな脚のついたテレビ」「私の部屋にも貼ってあった百恵ちゃんのポスター、懐かしい」という声が聞こえてきそうな写真ばかりです。家族が住まなくなって遺された家ですが、決して暗く打ち沈んだ「空き家」ではないのです。そこここに家族と自分の生きた痕跡を見つけて心地の良いノスタルジーに浸ってみてください。

著者プロフィール

太田 順一  (オオタ ジュンイチ

太田 順一(おおた じゅんいち)
1950年 奈良県生まれ。写真家。早稲田大学政治経済学部中退。大阪写真専門学校卒業
写真集
 『女たちの猪飼野』晶文社 1987 年
 『日記・藍』長征社 1988 年
 『 佐渡の鼓童』ブレーンセンター 1989年
 『大阪ウチナーンチュ』ブレーンセンター 1996 年
 『ハンセン病療養所 隔離の90 年』解放出版社 1999 年(第12 回写真の会受賞)
 『ハンセン病療養所 百年の居場所』解放出版社 2002 年
 『化外の花』ブレーンセンター 2003 年(日本写真協会賞第1 回作家賞受賞)
 『群集のまち』ブレーンセンター 2007 年
 『父の日記』ブレーンセンター 2010 年(第34 回伊奈信男賞受賞)
 『無常の菅原商店街』ブレーンセンター 2015 年
著書
 『ぼくは写真家になる!』岩波ジュニア新書 2005 年
 『写真家 井上青龍の時代』ブレーンセンター 2013 年

上記内容は本書刊行時のものです。