版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
翰苑 2016.11vol.6 姫路大学人文学・人権教育研究所(著/文) - 海風社
.

翰苑 2016.11vol.6

発行:海風社
A5判
232ページ
並製
価格 1,200円+税
ISBN
978-4-87616-043-3
Cコード
C3030
専門 単行本 社会科学総記
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
2016年11月
書店発売日
登録日
2016年10月13日
最終更新日
2019年6月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

特集は「童謡が生まれるとき」と題し、大正7年、雑誌『赤い鳥』の創刊と共に誕生し今日まで百年近く日本の子ども達に親しまれてきた「童謡」の歩みをふり返ると同時に、日本の「童謡」が生まれた背景についても述べられている。
明治14年を起点として主に学校音楽として広まった小学唱歌は歌詞の難解さや詞と曲の不整合などが批判され、そうした唱歌に対決して、芸術として真価のある純麗な子どもの歌が志向する動きが生まれた。
明治・大正期に第一線で活躍した詩人、作家、評論家、歌人、画家たちの多くが、新しい日本の「童謡」を生み出すことに好意的であったことに驚かされる。
「童謡」の歩みについて、それぞれの論者が、鈴木三重吉、与田凖一、阪田寛夫を取り上げて紹介している。

目次

【巻頭エッセイ】
労働について/綱澤満昭
【特集】
特集「童謡が生まれるとき」に寄せて/和田典子
童謡の歩みをふり返る―誕生期の活力を中心に/畑中圭一
鈴木三重吉の『赤い鳥』への願いと、それぞれの童心・童語―北原白秋と三木露風の場合/和田典子
雑誌『赤い鳥』投稿童謡詩人たちの太平洋戦争―与田凖一を中心に/青木文美
阪田寛夫が描く子どもの心と言葉-日本の童謡史を変える革新性 /谷 悦子
保守主義と橋川文三/綱澤満昭
「女工哀史」と竹久夢二/丘山 満州男
列女伝瞥見(下)-高麗史烈女伝と大日本史列女伝/ 渡瀬 茂
「士農工商」的身分観の払拭をめざす社会科歴史授業開発/和田幸司
第三回総選挙における肥塚龍の選挙運動について―兵庫県第八選挙区の選挙運動を中心として/ 竹本敬市
【連載】
人権とは何か/和田幸司

前書きなど

編集後記
 編集後記に何を書くかで毎回悩んでしまうのですが、本号の特集にある「童謡」という語を見ると、古代史家としての血が騒ぎ出したので、少しお付き合いいただければ幸いです。
 「わざうた」としての「童謡」という用語自体は、『漢書』や『後漢書』などの五行志に見え、古代中国にまで遡ります。日本では『日本書紀』の中で最初に登場いたします。童謡は「事件や異変を予兆し風刺する古代の歌」と定義づけられていますが、それらの歌自体には必ずしも直接的な政権批判は含まれておらず、祭りなどの場で歌われていた予祝歌などが日本書紀の本文に挿入歌として取り入れられています。
その意味では、日本書紀の本文と童謡の歌自体は「独立」しており、古代の童謡は従来から指摘されているように「独立歌謡」といえるのですが、全く無関係なわけではありません。むしろ日本書紀の編者があえて本文と関わらせて引用したもの、つまり時の政権が転覆する予兆を示すものとしてそれらの歌を意識的に採用したとするほうがよいでしょう。
 ところで、日本書紀においてわざうたとしての「童謡」「謡歌」が登場するのは、巻二四の皇極紀、巻二六の斉明紀と巻二七の天智紀のみであるという事実が注目されます。近年の『日本書紀』のテキスト研究(森博達『日本書紀の謎を解く』)によれば、巻二四から巻二七までが薩弘恪という中国人によって記述されたものであることが明らかとなっています。童謡という用語が古事記には見られず、日本書紀にのみ見えるのもこの点と関係しているでしょう。
 中国語としての「童謡」の用語が日本書紀のテキストに採用されただけではなく、日本古代の支配者集団の内部に、巷での流行歌を政変の予兆として理解する日本的な災異思想がその後展開していくことになります。実際、政変時にそのような歌が歌われていたのかどうかを知るすべはありませんが、それを政変の予兆と捉え、前政権の失政ぶりと新政権の正当性を示すものとして、巷に「流布」していたとする童謡を為政者が利用するのは、実に興味深い現象といえるでしょう。なぜなら、古代王権(天皇)の正当性を、中国王朝のように天命に由来するものとしてのみ捉えるのではなく、あえて民衆の「声」にも求めるという日本的な災異思想を示す可能性があるからです。これは長屋王や伴善男、菅原道真などといった政争に敗れた不遇な政治家が怨霊化し、宮廷社会内部で畏れられるだけではなく、全国各地で彼らが祀られるという現象と恐らく軌を一にしています。皇極(斉明)と天智の治世に「童謡」が登場することは、後の天武による「王朝交替」を予言するものとして叙述する必要があったのでしょう。「専制」は、むきだしの暴力による支配ではなく、このような民衆の「支持」に支えられる時、その力はより強力に発揮されるのです。しかし、日本書紀だけを見ていても当時の本当の「民意」はうかがい知ることはできません。当時の人々のマンタリテも含め、私自身は風土記研究にその秘密を解くカギがあると考えています。が、今回は投稿できませんでしたので、次号以降で紹介できればと思います。
 私の話はさておき、本号では、昨年度の研究所主催講演会「童謡誕生の時代」で講演を賜った畑中圭一先生によるご論考をはじめ、童謡研究を牽引されている四人の先生方によるご論考をお寄せいただきました。近代以降における童謡の成立と展開を俯瞰する新たな視点が提示され、童謡研究の際には今後参照されるであろう貴重な成果集として特集を組むことができたことに改めて感謝申し上げます。また、和田幸司先生による「学校教育と人権」の連載もスタートいたしました。今後とも研究所研究員一同、魅力的な誌面作りに尽力したいと思います。
(松下)

著者プロフィール

綱澤 満昭  (ツナザワ ミツアキ)  (著/文

姫路大学学長 人文学・人権教育研究所所長
専門は近代日本思想史
主な著書 『日本の農本主義』(紀伊國屋書店)、『未完の主題』(雁思社)、『柳田国男讃歌への疑念』(風媒社)、『日本近代思想の相貌』(晃洋書房)、『鬼の思想』(風媒社)、『愚者の精神史きれぎれ』(海風社)、『思想としての道徳・修養』(海風社)、『宮沢賢治の声』(海風社)、『異端と孤魂の思想』(海風社)など

和田 典子  (ワダ ノリコ)  (著/文

姫路大学 人文学・人権教育研究所 教授、博士(文学)専門は日本文学・文化、児童文学・文化、幼児教育
主な著書 『三木露風 赤とんぼの情景』(神戸新聞総合出版センター)〈日本児童文学会奨励賞受賞、及川記念賞受賞〉、ネットミュージアム兵庫文学館「三木露風館」(執筆・監修 兵庫県教育委員会)http://www.bungaku.pref.hyogo.jp/ など

畑中 圭一  (ハタナカ ケイイチ)  (著/文

児童文学研究者・詩人。元大阪国際児童文学館総括専門員。元名古屋明徳短期大学教授。専門は児童文学、特に童謡研究。
主な著書 詩集『大阪弁のうた二人集ほんまにほんま』(島田陽子と共著)で日本童謡賞を受賞。『童謡論の系譜』で日本児童文学学会奨励賞受賞。『日本の童謡~誕生から九〇年の歩み』で日本児童文学学会賞受賞。

青木 文美  (アオキ フミ)  (著/文

愛知淑徳大学准教授。専門は児童文学、子ども福祉研究。
主な著書 『絵本から「子ども福祉」を考える』(春風社)、「翻刻「与田凖一日記」-一九二三(大正一二)年四月から六月まで」『愛知教育大学大学院国語研究』第13 号、「子どもの文学、その黎明期を考える-翻訳する女・小金井喜美子を中心に-」『児童文学論叢』第16号など

谷 悦子  (タニ エツコ)  (著/文

梅花女子大学名誉教授。専門は児童文学、童謡研究。
主な著書 『新美南吉童話の研究』(くろしお出版)、『まど・みちお 詩と童謡』(創元社)、『まど・みちお 研究と資料』『まど・みちお 懐かしく不思議な世界』『阪田寛夫の世界』(ともに和泉書院)、『伝記を読もう8 まど・みちお』(あかね書房)、『児童文学の源泉としてのアニミズム』(共著)など

丘山 満州男  (オカヤマ マスオ)  (著/文

評論家

渡瀬 茂  (ワタセ シゲル)  (著/文

姫路大学教育学部 教授
専門は国文学、国語学、日本文化
主な著書 『王朝助動詞機能論 あなたなる場・枠構造・遠近法』(和泉書院)など

和田 幸司  (ワダ コウジ)  (著/文

姫路大学教育学部 教授、博士(学校教育学)
専門は日本近世史、人権教育
主な著書 『近世国家における宗教と身分』(法蔵館)、『浄土真宗と部落寺院の展開』(法藏館)〈第1 回日本法政学会賞優秀賞〉、『日本の民主的基盤形成の探求』(共著、法律文化社)など

竹本 敬市  (タケモト ケイイチ)  (著/文

姫路大学教育学部 特任教授
専門は日本近世史 地方史
主な著書 『上郡の古文書 大鳥圭介書簡集』(上郡町)、『三日月藩文書』(三日月町)、『自由民権運動家 田峰楳吉関係史料集』(共著 兵庫県揖保郡新宮町)、『国指定史跡 赤松氏城跡 白旗城跡』(共著 上郡町教育委員会)など

上記内容は本書刊行時のものです。