版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
キラキラ 堅田 利明(著) - 海風社
.

書店員向け情報

在庫ステータス

在庫あり

取次情報

取次: 楽天|地方小
直接取引: あり(自社)

キラキラ どもる子どものものがたり

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:海風社
A5判
144ページ
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-87616-001-3   COPY
ISBN 13
9784876160013   COPY
ISBN 10h
4-87616-001-5   COPY
ISBN 10
4876160015   COPY
出版者記号
87616   COPY
 
Cコード
C8093
児童 単行本 日本文学、小説・物語
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2007年2月
書店発売日
登録日
2015年8月22日
最終更新日
2015年8月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

5刷 出来予定日: 2019-12-25

紹介

吃音のある少年・新一は、ある日、転校生から「ボボボ、ボク、とか言うな。そのしゃべり方やめろよ」といわれます。それをきっかけにクラスの雰囲気が変わっていき、新一はしんどい思いを感じてきます。クラスのみんなに自分の気持ちを知ってもらいたい‐。新一は、お母さんや「ことばの教室」の先生の協力を受けながら、どうやったらクラスのみんなに吃音を理解してもらえるかを考えます。子どもにも読みやすいように書かれた本ですが、お母さんの気持ちや先生の視点なども考えられるような内容で、子どもにも大人にも読んで欲しい一冊です。

目次

一 けやき
二 転校生
三 ひげ先生
四 ことばの教室
五 どもる友だち
六 お母さんにインタビュー
七 学習会
八 久しぶりのことばの教室
九 作戦会議
十 お母さんの手紙
十一 夢

前書きなど

この物語は、吃音に悩む子どもへのエールです。そして吃音の子どもを支援する人(親や先生、友だちなど)が、「どうかかわればよいのか」「なにができるのか」を具体的に記した『手引書』ともなります。

版元から一言

吃音(どもり)のある人は世界中にいるようです。切実に直したい、治療したいと考えている人もあれば、多少どもることはあってもあまり困っていないから平気、という人もあるでしょう。吃音は、幼児期からその傾向が見られるので、本人だけの問題でなく、親御さん、特に母親に何とか直したいと悩んでいる人が多いようです。この本は、言語聴覚士として多くの吃音で悩む子供やお母さんと関わっている著者が、子供たちや保護者の人たちへの支援になるようにと書いた本です。読んだ人からは、暖かな気持ちになる、と好評をいただいています。

著者プロフィール

堅田 利明  (カタダ トシアキ)  (

1964年、大阪生まれ。1987年、大阪教育大学特殊教育特別専攻科言語・聴覚障害児教育課程修了。知的障害児・肢体不自由児通園施設、養護学校、大阪市立小児保健センター言語科を経て、1992年、大阪市立総合医療センター小児言語科勤務。言語聴覚士。

上記内容は本書刊行時のものです。