版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
兵頭宗俊 実戦現代文講義の実況中継 兵頭 宗俊(著/文) - 語学春秋社
..
詳細画像 0
実況中継シリーズ

兵頭宗俊 実戦現代文講義の実況中継

発行:語学春秋社
A5判
400ページ
定価 1,400円+税
ISBN
9784875688099
Cコード
C7391
学参II(高校) 全集・双書 日本文学総記
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2019年8月5日
最終更新日
2019年9月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「現実に合格する現代文脳」に変える!
河合塾でもダントツの実力&人気講師、兵頭宗俊(ヒョウドウ ソウシュン)先生による、現代文実況中継の登場です!

予備校という実戦現場での、解法・思考法・背景知識・勉強法・アドバイスをすべて詰め込みました。
ゼロから一個ずつ積み上げるスタイルの講義ではないことはご了承ください。
しかしながら、もし、現代文の「伸び悩み」があれば、それを解消する「特効薬」になります。
現代文にありがちな「何をしたら受験勉強なのか」への「これをしたら受験勉強で何点上がります」も示しています。

★本書の構成と使用方法★
【本冊】
序章で、現代文全体についてのガイダンスから始まります。ここから講義に参加してください。

そこから問題第一回から第七回までの実戦入試問題の解説に入っていきます。
実戦入試問題は厳選素材で、重要頻出テーマの近代論・科学論・社会論・言語論・文化論・現代論・芸術論をしっかりと読めます。重要頻出テーマの背景知識に及ぶ解説も、ふんだんに盛り込みました。
自然に「入試のあらゆる問題形式に出会えるように精密に配置」してあります。

【別冊】
純ナマそのままの実戦入試問題が全部で7題掲載されています。
目標解答時間も書いてありますので、入試実戦の気持ちで取り組んで、入試リハーサルをしてみましょう。
採点基準も付いていますから、自分の得点もわかるようになっています。
採点したら、第一回から第七回まで全問題の「問題形式一覧表」をご覧ください。
そこに、不正解だった設問にチェックをいれることで、もしかしたら無意識のままでいる「じぶんの弱点」がくっきりと判明する仕組みです。
いやがらずに判明させましよう。
「じぶんの得意問題」はもういいわけで、「じぶんの弱点」の見直しを重点的に行い、克服しましょう。

本冊の解説で問題毎に登場していたエッセンスを「兵頭式解法の技術10」と「現代文攻略の心得10」としてまとめました。
プラスの付録も、「日本語の語法構文」「カタカナ語」「四字熟語」「実戦用語集」などなど、ちょっと見かけない特集がたっぷり収録されています。

合格してもらうためのプログラムがつまっている!そう実感していただけるはずです。

目次

【本冊】
序章 現代文ガイダンス
第一回 『子ども観の近代』(近代論)青山学院大学
第二回 『化学の限界』(化学論)立教大学
第三回 『開発と文化』(社会論)成城大学
第四回 『私の日本語雑記』(言語論)北海道大学
第五回 『日本を思ふ』(文化論)早稲田大学
第六回 『しんがりの思想』(現代論)明治大学
第七回 『現代社会における芸術』(芸術論)京都大学

【別冊】
問題1『子ども観の近代』(近代論)青山学院大学
問題2『化学の限界』(化学論)立教大学
問題3『開発と文化』(社会論)成城大学
問題4『私の日本語雑記』(言語論)北海道大学
問題5『日本を思ふ』(文化論)早稲田大学
問題6『しんがりの思想』(現代論)明治大学
問題7『現代社会における芸術』(芸術論)京都大学問題 全7題
問題形式一覧表
用語知識集1 語法33発
用語知識集2 四字熟語31発
用語知識集3 カタカナ(人間をテーマにしたもの)28発
用語知識集4 文末の語法15発
用語知識集5 意外な危ない単語14発
用語知識集6 カタカナ(状況をテーマにしたもの)22発
用語知識集7 カタカナ(その他の重要なもの)30発
用語知識集8 入試実戦用の意味とテーマの辞書
兵頭式解法の技術10
現代文攻略の心得10

著者プロフィール

兵頭 宗俊  (ヒョウドウ ソウシュン)  (著/文

河合塾現代文講師。麹町校、池袋校、新宿校、津田沼校など東京地区の校舎に出講。
受験生の「脳」の入試「神経」を刺激する本質的内容を、シュールでマニアックな笑いのオブラートで包む講義が、幅広いレベルの講座で高く指示されている。
現代文科代表格の一人。

上記内容は本書刊行時のものです。